FP試験で使うおもな指標のテーブルを一覧化しました。

michi
michi

まだ作成途中なので、徐々に作り上げていきます。

本試験前の確認などにお役立てください。

ライフプランニングと資金計画

弁護士法とFPの関係

  弁護士資格が無い場合
法律相談 ×(無償でも)
法律事務 ×(無償でも)
一般的な法律の説明
遺言作成の証人
任意後見人

保険業法とFPの関係

  保険募集人の資格が無い場合
保険商品の勧誘 ×
保険商品の販売 ×
一般的な保険の説明

金融商品取引法とFPの関係

  金融取引業者でない者の場合
投資顧問契約に基づく助言 ×
投資一任契約 ×
一般的な投資の説明

税理士法とFPの関係

  税理士資格が無い場合
具体的な税務相談 ×(無償でも)
税務署類の作成 ×(無償でも)
一般的な税務の説明

社会保険労務士方とFPの関係

  社労士資格が無い場合
労働や社会保険に関する申請書の作成や手続き代行 ×
労働保険関連の帳簿作成 ×
無償であれば違反ではない
michi
michi

ただし無償であっても『業』とみなされ、社労士法違反になる可能性があります。


個人情報保護法とは

概要 生存する個人に関する情報で、特定の個人を識別できるもの。
取得、利用 利用目的を特定して、その範囲で利用する。

 

利用目的を通知又は公表する。

保管 漏洩等が生じないよう、安全に管理する。

 

従業者、委託先にも安全管理を徹底する。

提供 第三者に提供する場合は、あらかじめ本人から同意を得る。

 

第三者に提供した場合、第三者から提供を受けた場合は、一定事項を記録する。

開示請求等への対応 本人から開示等の請求があった場合はこれに対応する。

 

苦情等に適切、迅速に対応する。

特商法におけるクーリング・オフの対象

  対象期間
訪問販売 8日間
電話勧誘販売 8日間
特定継続的役務提供(エステ、英会話教室など) 8日間
訪問購入(貴金属などを押し買いする) 8日間
連鎖販売取引(いわゆるマルチ商法) 20日間
業務提供誘引販売取引(仕事に必要と言ってPCなどを買わせる) 20日間
通信販売 対象外

ファイナンシャル・プランニングのプロセス

顧客との関係確立とその明確化

  1. FP実務とCFP認定者の専門力量に関する情報の提供
  2. 顧客ニーズに対するCFP認定者の適合性の判断
  3. 業務契約の範囲の明確化
顧客データの収集と目標の明確化
  1. 顧客のファイナンス上の目的、ニーズ及び優先事項の明確化
  2. 定量的な情報と資料の収集
  3. 定性的な情報の収集

顧客のファイナンス状態の分析と評価
  1. 顧客情報の分析
  2. 顧客の目的、ニーズ及び優先事項の評価
ファイナンシャル・プランの検討・作成と提示
  1. ファイナンシャル・プランニングの戦略の明確化と評価
  2. プランの作成
  3. プランの提示
ファイナンシャル・プランの実行援助
  1. プラン実行の責任範囲に関する合意
  2. プラン実行のための商品およびサービスの明確化と提示
ファイナンシャル・プランの定期的見直し
  1. 顧客状況の見直しの責任範囲及び条件に関する合意
  2. 顧客状況の見直しと再評価

FP実務の6ステップ:日本FP協会

資金計画を立てる6つの係数とは

キーワード『まとまったお金』
現価係数→現在いくら必要か?(げんざい)
終価係数→将来いくらになるか?(しょうらい)
キーワード『積立』
減債基金係数→毎年の積立額はいくらか?(げんざい)
年金終価係数→積み立て後の金額はいくらか?(しょうらい)
キーワード『年金』
年金現価係数→現在いくらの元本が必要か?(げんざい)
資本回収係数→将来いくらずつ受け取れるか?(しょうらい)
キーワード『返済』
年金現価係数→借り入れ可能額はいくらか?(げんざい)
資本回収係数→毎年の返済額はいくらか?(しょうらい)

フラット35の概要

  • 取扱金融機関で利率が違う
  • 固定金利
  • 返済期間は15年~35年
  • 保証人不要
  • 8,000万円まで融資可能

住宅ローンの返済方法

元利均等返済

元金+利息である毎月の返済額が同じ

  • 返済当初→利息が多い、元金が少ない
  • 一定期間経過後→利息が少ない、元金が多い
元金均等返済

毎月の返済額における元金部分の金額が同じ

  • 返済当初→利息最大、元金は一定
  • 一定期間経過後→利息は徐々に減る、元金は一定

団体信用生命保険とは

被保険者 住宅ローンを借りた人
保険金受取人 金融機関
michi
michi

金融機関が住宅ローンをとりっぱぐれしないようにするための保険です。

教育一般貸付とは

融資限度額 1人に月350万円(海外留学などは450万円)
貸付対象者 おもに学生、生徒の保護者
申し込み時期 いつでも可能
資金の受け取り方 一括
返済期間 最長15年
返済開始 借入日の翌月または翌々月の返済希望日
金利 固定
対象 学費、受験費用、住居費用、教科書、定期代

 

パソコン購入費、学生の国民年金保険料など

日本学生支援機構の奨学金制度

種類 対象
給付型 進学先で学ぶ意欲のある学生、住民税非課税世帯
貸与型(第一種奨学金) 無利息。特に優れた成績で経済的理由により就学が困難
貸与型(第二種奨学金) 有利息。在学中は無利息
貸付対象者 学生、生徒本人
申し込み時期 決められた募集期間内
資金の受け取り方 毎月定額
返済期間 貸出総額や返還方法、所得によって変わる
返済開始 卒業後貸与終了の翌月から数えて7か月目に開始

医療費の一部負担(自己負担)割合について

  一般、低所得者 現役並み所得者
75歳以上 1割負担 3割負担
70歳以上75歳未満 2割負担 3割負担
6歳以上70歳未満 3割負担
6歳未満 2割負担

医療費の世帯合算について

概要
  • 世帯で複数の者が同じ月に医療機関で受診
  • 1人が複数の医療機関で受診
  • 1つの医療機関で入院と外来で受診

このような場合において自己負担額を世帯で合算できます。

70歳以上 すべて自己負担額を合算できます。
70歳未満 受診者別に1ヶ月の自己負担額が21,000円以上のものを合算できます。

傷病手当金とは

要件① 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
要件② 仕事に就くことができないこと
要件③ 休業期間は原則給与の支払いがないこと(ある場合はその分が差し引かれます)
待期期間 連続して会社を休んだ3日間
最長期間 1年6か月
1日あたりの支給額 支給開始日以前の継続した12か月間の各月の標準報酬月額の平均÷30日×3分の2

出産手当金における、出産予定日もしくは予定日前に産まれた場合の支給日数

出産日以前(出産日含む)  42日間
出産日の翌日から 56日間

出産手当金における、出産予定日後に産まれた場合の支給日数

出産予定日以前(出産予定日含む) 42日間
出産予定日からじっさいに出産した日 +α日間
出産日の翌日から 56日間

育児休業給付について

原則 満1歳まで
パパママ育休プラス制度を利用 1歳2カ月まで
やむを得ない事情がある 1歳6カ月まで
やむを得ない事情があり再申請する 満2歳まで

育児休業給付の金額

休業6カ月まで 育児休業開始賃金の67%相当額
休業6カ月経過後 育児休業開始賃金の50%相当額

後期高齢者医療制度とは

運営団体 各都道府県の後期高齢者医療広域連合
対象者 75歳以上(一定の障碍がある人は65歳)
医療費の自己負担額 1割(一定以上の所得がある人は3割)
保険料 後期高齢者が一人ひとり『所得割』と『被保険者均等割』の合計額を納める

健康保険の任意継続者のおもな要件

被保険者期間 継続した被保険者期間が2か月以上ある
手続き期限 退職日の翌日から20日以内
加入期間 退職後2年間まで
保険料 全額自己負担

公的介護保険とは

  第1号被保険者 第2号被保険者
年齢 65歳以上 40歳以上65歳未満
受給要件 要介護者、要支援者 老化に起因する特定疾病によって要介護者、要支援者になった場合
自己負担 原則1割
認定 市町村の介護認定審査会
要介護度 要支援1.2 要介護1.2.3.4.5の7段階

介護サービス利用時の自己負担割合

原則

1割負担

第1号被保険者が1世帯に1人の場合

2割負担 本人の合計所得金額が160万円以上、かつ年金収入+その他の合計所得が280万円以上
3割負担 本人の合計所得金額が220万円以上、かつ年金収入+その他の合計所得が340万円以上

第1号被保険者が1世帯に2人以上の場合

2割負担 本人の合計所得金額が160万円以上、かつ世帯内で65歳以上の人の年金収入+その他の合計所得が346万円以上
3割負担 本人の合計所得金額が220万円以上、かつ世帯内で65歳以上の人の年金収入+その他の合計所得が463万円以上

第2号被保険者

すべて1割負担

求職者給付の受給要件の違い

失業の理由 適用期間 被保険者期間
倒産、解雇以外 離職前の2年間 通算12か月以上
倒産、解雇 離職前の1年間 通算6か月以上
65歳以上の場合(理由を問わず) 離職前の1年間 通算6か月以上

求職者給付とは

  適用期間
受給期間 離職の日の翌日から1年間
待機期間(解雇、倒産) 7日間
給付制限期間(自己都合) 7日間の後さらに最長3ヶ月
michi
michi

令和2年10月1日以降に退職した場合は、自己都合であっても5年間のうち2回までは給付制限期間は2カ月になりました。

高年齢求職者給付金とは

対象者 65歳以上の雇用保険加入者
基本要件① 離職の日以前1年間に被保険者期間が通算して6カ月以上あること
基本要件② 失業状態にあること
給付金の額 被保険者期間1年未満→30日分
被保険者期間1年以上→50日分

国民年金被保険者の種類

種類 対象
第1号被保険者 20歳以上60歳未満の自営業者とその配偶者。学生等
第2号被保険者 65歳未満の厚生年金の被保険者など被用者年金の加入者
第3号被保険者 第2号被保険者の被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の人

保険料の猶予制度の違い

  受給資格期間 老齢基礎年金額
法定免除 1/2反映
申請免除 区分によって1/2~7/8反映
学生納付特例制度 ×
納付猶予制度 ×

○→算入される、×→反映されない

申請免除の区分と年金額への反映割合

区分 年金額への反映割合
全額免除 免除期間の1/2
3/4免除 免除期間の5/8
1/2免除 免除期間の3/4
1/4免除 免除期間の7/8

老齢厚生年金の受給要件

老齢基礎年金の受給要件を満たしたうえ

  加入期間 受給開始年齢
老齢厚生年金 1ヶ月以上 60歳~64歳
特別支給の老齢厚生年金 1年以上 65歳

年金の繰り上げ受給、繰り下げ受給の比較

  繰り上げ受給 繰り下げ受給
対象年齢 60歳から65歳になるまでの5年間 65歳から70歳になるまでの5年間
受給額の変化 ひと月につき0.5%減額(最大30%) ひと月につき0.7%増額(最大42%)
条件 基礎年金、厚生年金同時が必須 基礎年金、厚生年金と別々が可能

特別支給の老齢厚生年金受給開始年齢

報酬比例部分

  1. S28年4月1日まで 60歳からもらえる
  2. S28年4月2日~30年4月1日 61歳
  3. S30年4月2日~32年4月1日 62歳
  4. S32年4月2日~34年4月1日 63歳
  5. S34年4月2日~36年4月1日 64歳
  6. S36年 4月2日以降 もらえない

※女性は5年遅れ

定額部分

  1. S16年4月1日以前 60歳からもらえる
  2. S16年4月2日~18年4月1日 61歳
  3. S18年4月2日~20年4月1日 62歳
  4. S20年4月2日~22年4月1日 63歳
  5. S22年4月2日~24年4月1日 64歳
  6. S24年4月2日以降 もらえない

※女性は5年遅れ

障害基礎年金とは

受給要件

  • 初診日に国民年金の被保険者である
  • 障害認定日に1級または2級の障害状態である
  • 保険料納付済み期間が2/3以上

年金額

  • 2級→老齢基礎年金と同じ額
  • 1級→2級の1.25媒

遺族基礎年金の受給要件(配偶者と子が受給権者の場合)

遺族の範囲 死亡した人に生計を維持されていた子のある配偶者、または子
給付額 老齢基礎年金と同じ金額
子の加算 2人目まで→224,900円(令和2年度)
3人目以降75,000円(令和2年度)

遺族基礎年金において子のみが受給権者の場合の支給金額

1人目 老齢基礎年金と同じ金額
2人目 224,900円(令和2年度)
3人目以降 75,000円(令和2年度)

遺族給付における『子』とは

  • 18歳到達年度末日までの子。
  • 20歳未満で障害等級1級または2級の障害状態にある子。
  • 婚姻していないこと。

遺族厚生年金受給の優先順位

  受給できる順番
1位
2位
子のいない妻 3位
55歳以上の夫 4位
55歳以上の父母 5位
6位
55歳以上の祖父母 7位

※例えば55歳以上の父母が同時に受給要件を満たした場合は、それぞれ2分の1ずつ受給できます。

遺族厚生年金の年金額

死亡した時点で計算した老齢厚生年金の報酬比例部分の額の3/4相当額

※夫死亡時に30歳未満の子のない妻の場合は5年間の有期年金です。

遺族厚生年金の年金支給要件

短期要件

  • 厚生年金被保険者が死亡したとき
  • 厚生年金被保険者であった者が資格喪失後、被保険者期間中に初診日がある傷病により当該初診日から起算して5年を経過する日前に死亡したとき
  • 1級または2級の障害厚生年金の受給権者が死亡したとき

※短期要件に該当する場合、被保険者期間の月数が300月に満たないときは300月として計算します。

長期要件

  • 老齢厚生年金の受給権者が死亡したとき
  • 老齢厚生年金の受給資格期間を満たしている者が死亡したとき

中高齢寡婦加算の受給要件

  1. 夫の死亡時40歳以上65歳未満の妻
  2. 夫の死亡時40歳未満だった子のある妻が、遺族基礎年金を受けられなくなった時点で40歳以上だった場合、40歳~65歳未満の間遺族厚生年金に上乗せされる

在職老齢年金の減額について

年齢 調整開始額
60歳~64歳 総報酬月額+基本月額が28万円を超えるとき
65歳~69歳 総報酬月額+基本月額が47万円を超えるとき
65歳~69歳 65歳~69歳と同じですが、年金保険料の負担はありません

加給年金の要件

下記要件1.2.3をすべて満たす必要があります。

要件1

厚生年金の被保険者期間が20年以上で、特別支給の老齢厚生年金の定額部分が支給されたとき

要件2

定額部分が支給されないときは被保険者が65歳になり老齢厚生年金が支給されるときに

  • 生計を維持されている65歳未満の配偶者がいる
  • または18歳到達年度末までの子どもがいる
  • または1級、2級の障害状態にある20歳未満の子供がいる

要件3

  • 加給年金対象者(この場合配偶者か子)の前年収入が850万円未満、または所得が655万5千円未満であること。

振替加算

加給年金の対象になっていた配偶者の老齢基礎年金に上乗せされるもの。

支給対象は1926年4月2日~1966年4月1日生まれの方です。

michi
michi

昔は第3号被保険者がなく国民年金が任意加入だったため、加入しなかった人への措置です。


付加年金とは

付加年金 200円×付加保険料納付期間(月数)
保険料 1か月400円
対象者 第1号被保険者のみ
繰り上げ、繰り下げ受給 老齢基礎年金と同じく減額、あるいは増額されます

確定拠出年金とは

  企業型 個人型
対象者 確定拠出年金を導入している企業の従業員 20歳以上60歳未満の人
加入 原則全員 任意
掛金 原則企業が拠出 加入者が拠出
給付方法(年金) 老齢給付、障害給付
税の種類(年金) 雑所得
給付方法(一時金) 脱退一時金、死亡一時金 死亡一時金
税の種類(一時金) 退職所得
掛金 損金算入 小規模企業共済等掛金控除

個人型確定拠出年金(iDeco)のポイント

  • 手数料がかかる→口座開設時、口座管理費用等
  • 元本割れのリスクがある
  • 原則60歳まで引き出せない
  • 掛金の変更や停止ができる

個人型確定拠出年金(iDeco)の掛金

種類 月の限度額
第1号被保険者(自営業等) 68,000円
企業年金の無い会社員 23,000円
企業型DCのある会社員 20,000円
確定給付企業年金等ある会社員 12,000円
公務員 12,000円
第3号被保険者(専業主婦等) 23,000円

小規模企業共済制度とは

掛金(月々) 1,000円~70,000円
控除 小規模企業共済等掛金控除(全額)
受け取り方法(一括) 退職所得
受け取り方法(分割) 雑所得

国民年金基金とは

掛金(月々) 個人型年金と合わせて68,000円まで
控除 社会保険料控除(全額)
受け取り方法(遺族一時金) 非課税
受け取り方法(年金) 雑所得
特記事項 付加年金と同時加入はできません

国民年基金の種類

一口目

  種類 支給開始年齢 保証 掛金(月額)
A型 終身年金 65歳 15年

35歳までに加入月額→2万円

35歳1カ月以上45歳までに加入→1万5千円

45歳以上50歳までに加入→1万円

B型 終身年金 65歳 なし

35歳までに加入月額→2万円

35歳1カ月以上45歳までに加入→1万5千円

45歳以上50歳までに加入→1万円

※50歳以降で加入の掛け金を調べたい方は掛金月額表:国民年金基金をご覧ください。

二口目以降

  種類 支給開始年齢 保証 掛金(月額)
A型 終身年金 65歳 15年

35歳までに加入月額→1万円

35歳1カ月以上50歳までに加入→5千円

B型 終身年金 65歳 なし

35歳までに加入月額→1万円

35歳1カ月以上50歳までに加入→5千円

Ⅰ型 確定年金 65歳 15年

35歳までに加入月額→1万円

35歳1カ月以上50歳までに加入→5千円

Ⅱ型 確定年金 65歳 10年 

35歳までに加入月額→1万円

35歳1カ月以上50歳までに加入→5千円

Ⅲ型 確定年金 60歳 15年 

35歳までに加入月額→1万円

35歳1カ月以上50歳までに加入→5千円

Ⅳ型 確定年金 60歳 10年

35歳までに加入月額→1万円

35歳1カ月以上50歳までに加入→5千円

Ⅴ型 確定年金 60歳 5年

35歳までに加入月額→1万円

35歳1カ月以上50歳までに加入→5千円

※50歳以降で加入の掛け金を調べたい方は掛金月額表:国民年金基金をご覧ください。

企業年金の控除の種類

企業年金の種類 控除の対象
厚生年金基金 社会保険料控除
確定給付企業年金 生命保険料控除
確定拠出年金(企業型) 小規模企業共済等掛金控除

自営業者などの年金の種類

年金の種類 控除の対象
国民年金基金 社会保険料控除
付加年金 社会保険料控除
小規模企業共済 小規模企業共済等掛金控除
確定拠出年金(個人型) 小規模企業共済等掛金控除

中小企業退職金共済制度の掛金

一般従業員 5,000円~30,000円の16段階
短時間労働者 2,000円~4,000円の3段階

中小企業退職金共済制度の加入条件

業種 ①常用従業員数 ②資本金、出資金
一般業種(製造業、建設業等) 300人以下 3億円以下
卸売業 100人以下 1億円以下
サービス業 100人以下 5千万円以下
小売業 50人以下 5千万円以下

※①、②はいずれかの条件を満たせばOK。

契約者貸付制度とは

  • 解約返戻金をもとに借入額を算出する
  • 保険を継続したまま借り入れができる
  • 借り入れに審査がない
  • 借りたまま満期を迎えると、満期保険金から差し引かれる
  • 借入総額が解約返戻金を上回ると保険が失効する

リスク管理

告知受領権とは

概要 契約者や被保険者の健康状態や職業等の告知を受けられる権利のこと
告知受領権の権利者 生命保険会社
生命保険会社が指定した医師

保険料の構成

保険料名 計算方法 目的
純保険料 死亡保険料 予定死亡率及び予定利率をもとに計算 死亡保険金の支払い
生存保険料 予定死亡率及び予定利率をもとに計算 満期保険金、生存給付金の支払い
付加保険料   予定事業費率をもとに計算 保険会社の運営費

契約の違い

媒介 売主↔媒介↔買主
代理 売主=代理→買主、買主=代理←売主

リビングニーズ特約とは

  • 余命6ヶ月以内と診断された時に請求できる
  • 生前給付金の受け取り人は被保険者
  • 特約の保険料は無料
  • 非課税(ただし使いきれなかった分は相続税の対象)
  • 3,000万円が上限

先進医療の費用について

  • 診察、検査、投薬、入院費等は各健康保険適用内です。
  • 全額自己負担なのは技術料です。

こども保険(学資保険)の概要

契約者が死亡(一般的には親) 以後の保険金の支払い義務が無くなります。

 

祝い金や満期保険金は契約通り受け取れます。

被保険者が死亡(一般的には子供) 今までに支払った保険料相当額の『死亡給付金』が支払われ、保険契約は終了します。

家族傷害保険の補償対象

  • 本人
  • 本人の配偶者
  • 本人または配偶者と生計を共にする同居の親族と、別居の未婚の子

定期保険のタイプ

平準定期保険 保険金額が一定。
逓増定期保険 当初の保険金額から徐々に増加。保険料は一定。
逓減定期保険 当初の保険金額から徐々に減少。保険料は一定。
収入保障保険 保険金が年金として期間満了まで支払われる。保証期間は一定。

収入保障保険とは

  • 契約時の保険金が1番高く、契約満了時には保険金が0円になる。
  • 年金形式が一般的(商品により一括もある)

三大疾病保障定期保険とは

ガン、急性心筋梗塞、脳卒中 診断時に所定の状態になった場合に支給される(特定疾病保険金)
三大疾病以外 死亡時に支給される(死亡保険金)

※特定疾病保険金と死亡保険金は重複して受け取れません

女性疾病入院給付金とは

女性特有の病気、あるいは女性で発生率の高い所定の病気を中心に保障。

  • 乳がん
  • 子宮筋腫
  • 甲状腺の障害
  • 分娩の合併症など

成人病入院特約

  • ガン、脳血管疾患、心疾患、高血圧性疾患、糖尿病で入院した場合や手術した場合に適用される特約

個人賠償責任保険とは

一般的に『日常生活』での他人に対する賠償責任を補償する保険です。

対象になる 対象にならない
  • キャッチボールで窓ガラスを割った
  • 自転車で通行人にケガをさせた
  • 買い物中商品を破損させた
  • 飼い犬が嚙みついてケガをさせた
  • 業務中
  • 同居の親族に対して
  • 自動車、バイクに起因する
  • 借り物に対して

個人年金保険の違い

確定年金 一定期間   生死を問わず受け取れる
有期年金 保証期間あり 死亡した場合、残りの保証期間分は遺族に支払われる
保証期間なし 死亡した場合、その時点で契約終了
終身年金 一生涯 保証期間あり 死亡した場合、残りの保証期間分は遺族に支払われる
保証期間なし 死亡した場合、その時点で契約終了
夫婦年金 保証期間あり 2人が死亡した場合、残りの保証期間分は遺族に支払われる
保証期間なし 2人が死亡した場合、その時点で契約終了

払済保険と延長保険の違い

払済保険 解約返戻金をもとに

 

保険期間を変えずに、保障額の少ない保険や養老保険に変える方法

特約は消滅

延長保険 解約返戻金をもとに

 

同じ保険金額の定期保険に変更する方法。

特約は消滅

michi
michi

分かりやすく言うと下記のような感じです。

  • 払済保険→もらえる保険金減る、期間変わらない
  • 延長保険→もらえる保険金変わらない、期間減る

言葉のイメージ的にはぱっと見だと反対っぽいんですけどね。

契約転換制度について

  • 同じ生命保険会社が必須
  • 転換時の年齢と保険料率で計算
  • 告知または審査が必要
  • 元契約の特別配当を受ける権利は引き継がれる
  • 転換後にクーリングオフを利用可能

おもな生命保険料控除の対象契約

一般の生命保険契約 生命保険契約、学資保険など
介護医療保険契約 医療保険、がん保険、介護保険など
個人年金保険契約 個人年金保険契約など
michi
michi

本項目を完璧に覚えるのはかなり厳しいので、上記の表くらいでオッケーです。

気になる方はNo.1141 生命保険料控除の対象となる保険契約等:国税庁をご覧ください。

生命保険料控除の控除額の違い

契約時期 所得税(最大) 住民税(最大)
新タイプ(平成24年1月1日以降に契約) 40,000円 28,000円
旧タイプ(平成23年12月31日までに契約) 50,000円 35,000円

法人契約における養老保険の経理処理

  保険金受取人  
満期保険金 死亡保険金 支払い保険料
養老保険

 

契約者は法人

法人 法人 資産計上
役員・従業員 役員・従業員の遺族 損金算入
法人 役員従業員の遺族 1/2資産、1/2損金

法人契約における終身保険の経理処理

  保険金受取人  
満期保険金 死亡保険金 支払い保険料

終身保険

契約者は法人

法人 資産計上
役員・従業員の遺族 損金算入

定期保険、第3分野の保険の経理処理一覧

  • 契約者→法人
  • 被保険者→役員、従業員
  • 死亡保険金受取人→法人

において

最高解約返戻率 計上期間 資産計上額 取崩期間
50%超70%以下 前半4割 支払い保険料の40% 期間の4分の3経過後から終了日まで
70%超85%以下 支払い保険料の60% 期間の4分の3経過後から終了日まで
85%超 最高解約返戻率となる期間の最終日まで 10年まで支払い保険料×最高解約返戻率の90%

 

11年以降支払い保険料×最高解約返戻率の70%

解約返戻金がもっとも高くなる期間の経過後から終了日まで

団体保険の違い

保険 保険料負担
団体定期保険(Bグループ保険) 従業員
総合福祉団体定期保険 企業

傷害保険

  ケガ 病気 細菌性食中毒 地震・噴火・津波
普通傷害保険
国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険

〇・・・対象

✖・・・対象外

△・・・特約で対象

人身傷害保険とは

  補償内容
概要 過失割合にかかわらず、保険金額を限度に実損額が保証される
対象者 本人、配偶者、同居の親族(別居の未婚の子も含む)
対象車種(自家用) 小型乗用車、普通乗用車、四輪乗用車、小型貨物車、軽四輪貨物車
補償外 重過失、酒気帯び運転、犯罪行為、自然災害などは補償外

災害入院給付金とは

概要

急激かつ偶発的な外来の事故

事故から180日以内に開始した入院が対象

おもな給付対象

交通事故

不慮の転落、転倒

不慮の溺水、窒息

対象外

高山病

乗り物酔いにおける原因

飢餓

過度の運動

収入保障保険の課税について

  形式 課税の種類
高度障害 一時金、年金ともに 非課税
死亡保険金 一時金(契約者=被保険者) 相続税
一時金(契約者=受取人) 所得税(一時所得)
一時金(契約者≠被保険者≠受取人) 贈与税
年金 1年目は相続税か贈与税

 

2年目以降は所得税(雑所得)

一時払い終身保険のメリット、デメリット

メリット 解約返戻金額が払込保険料総額を下回る期間が短い
デメリット 契約してすぐに解約すると元本割れする
保険料の支払いが1回なので、最初しか生命保険料控除を受けられない

少額短期保険とは

保険金額 1,000万円以下(内容によって違う)
保険期間 1年(第2分野は2年)以内
契約者保護 対象外

企業系の損害保険について

生産物賠償責任保険(PL保険)

  • 販売したもの
  • 引き渡したもの
  • 業務の結果

上記が原因で起こった『人』『物』に対する損害を補償する保険。

施設所有者賠償責任保険

  • 施設の管理の不備
  • 施設の使用に伴う事故
  • 施設内の業務活動中に起きた事故

上記が原因で起こった『人』『物』に対する損害を補償する保険。

受託者賠償責任保険

  • 預かったものを傷つけたり、紛失してしまい返せなくなった時の補償をする保険。

請負業者賠償責任保険

  • 請負業者が作業中の事故によって他人に与えた損害を補償する保険。

労働災害総合保険

  • 政府労災保険に上乗せして損害を補償する保険。法定補償だけでは足りない部分を補えます。

火災保険とは

補償内容 火災、落雷、破裂、爆発
風采、雹(ひょう)災、雪災
水災(洪水、高潮、ゲリラ豪雨など)
水漏れ、外部からの衝突(自動車などが突っ込む)
盗難(盗まれたもの以外の壊されたものなども)

地震保険とは

加入条件 火災保険の特約
保険料 各損害保険会社で同じ
保険金額 火災保険の30%~50%の金額
上限金額 建物5,000万円、家財1,000万円

地震保険の保険金の支払い

損害の程度 保険金
全損 地震保険金額の100%(時価が限度)
大半損 地震保険金額の60%(時価の60%が限度)
小半損 地震保険金額の30%(時価の30%が限度)
一部損 地震保険金額の5%(時価の5%が限度)

自賠責保険の支払い限度額

損害の内容 支払い限度額
死亡 1名につき3,000万円
死亡にいたるまでの障害 1名につき120万円
傷害 1名につき120万円
後遺障害 1名につき75万円~4,000万円

非課税になるおもな給付金

  • 入金給付金
  • 手術給付金
  • 通院給付金
  • がん診断給付金
  • 特定疾病保険金
  • リビング・ニーズ特約保険金
  • 介護保険金

金融資産運用

おもな経済指標一覧

指標 発表機関 発表時期 内容
景気動向指数 内閣府 毎月 生産や雇用などの景気に敏感な指標を統合したもの(CI、DIがある)
日銀短観 日銀 3.6.9.12月 企業の売上高や収益、設備投資額などを調査し金融政策に利用している
企業物価指数 日銀 毎月 企業間取引の商品の価格
消費者物価指数 総務省 毎月 一般の商品やサービスの価格
マネーストック 日銀 毎月 世の中に出回っているお金の総量

景気動向指数の主な採用系列

先行系列

  • 新規求人数
  • マネーストック
  • 消費者態度指数

一致系列

  • 有効求人倍率
  • 生産指数(鉱工業)
  • 輸出数量指数

遅行系列

  • 完全失業率
  • 消費者物価指数(生鮮品を除く総合)
  • 法人税収入

金融市場一覧

金融市場一覧
※画像をクリックで拡大できます。

公開市場操作とは

  銀行の資金量 金利
買いオペーレーション 増加 低下
売りオペレーション 減少 上昇

なぜ金利が下がるのかというと

  1. 各銀行にお金がたくさんある
  2. 銀行が運用しようとする
  3. 自分の銀行でたくさん借りてほしいから、金利を下げる

このような流れだからですね。


資産運用のスタイル

トップダウンアプローチ 経済情勢や金利などのマクロ経済分析により銘柄を決める方法
ボトムアップアプローチ 個別企業の業績を見て銘柄を決める方法
バリュー投資 割安(バリュー)な銘柄に投資する方法
グロース投資 成長性(グロース)のある銘柄に投資する方法

おもな追加型株式投資信託

種類 内容
インデックスファンド 日経平均株価やTOPIXなどと連動
ブル型ファンド 相場が上昇すれば利益が出る
ベア型ファンド 相場が下落すれば利益が出る
ETF

 

(株価指数連動型上場投資信託)

取引所に上場している。信用取引も可

日経平均株価やTOPIXなどと連動

イメージ的には株と投資信託の中間

不動産投資信託(J-REIT)

取引所に上場している。信用取引も可

不動産に特化

配当控除の適用はなし

運用対象の違い

公社債投資信託

公社債、事業債などがメインの投資信託

株式は不可

株式投資信託 株式を組み入れることができる投資信託

投資信託のおもな費用

購入時手数料 購入時に発生
運用管理費用(信託報酬) 日々発生
監査報酬 決算ごとに発生
売買委託手数料 投資信託が投資する株式などを売買時に発生
信託財産留保額 中途換金時に発生

信託財産留保額とは

投資信託を中途解約するときにかかるペナルティのようなものです。

中途解約のデメリット

  • 運営会社が現金を用意しなくてはならないので、委託手数料などのコストがかかる
  • 中途解約が頻繁だと、運営会社の負担が甚大になってしまう
  • それによって長期保有者に悪影響を与えてしまう可能性がある

上記を防ぐために信託財産留保額があります。

かかる費用を解約側が用意することで、運営会社ひいては保有し続けている人の負担を減らすことに繋がります。


株式購入における注文方法の違い

  メリット デメリット
成行注文(値段を指定しない) すぐ売買できる 予想外の値段になってしまうときがある
指値注文(値段を指定する)  売買したい値段で注文できる なかなか売買できないときがある

株式の指標

PER 株価÷1株あたりの純利益
PBR 株価÷1株あたりの純資産
ROE 税引き後純利益÷自己資本×100
配当利回り 1株あたりの年間配当金÷株価×100
配当性向

配当金総額÷税引き後純利益×100

1株当たりの配当金÷1株当たりの純利益×100

総平均法に準ずる方法による計算式

(A+B)÷(C+D)=1株当たりの取得価額

A 株式を最初に購入したときの購入価額の総額
B 株式を最初に購入した後から今回の譲渡の時までの購入価額の総額
C Aに係る株式の総数
D Bに係る株式の総数

オプション取引とは

コールオプション 買う権利
プットオプション 売り権利

オプション取引の特徴

  • オプションは有料
  • あらかじめ定められた期日までに取引する
  • あらかじめ決められた価格で取引する
  • 満期までの残存期間が長いほどオプション料が高い
  • 権利を放棄することができる
  • オプション料は返ってこない
michi
michi

オプションを利用することで、将来の値段のブレに影響されず取引することができます。

おもな株価の指数

  所属部 銘柄数
東証株価指数(TOPIX) 東証一部 全銘柄
日経平均株価 東証一部 代表的な225銘柄
JPX日経インデックス400 東証全体 要件を満たしている400銘柄

個人向け国債

  変動金利10年 固定金利5年 固定金利3年
償還期限 10年 5年 3年
金利 変動(6か月ごとに見直し) 固定(6か月ごとに利払い)
発行 毎月
最低購入金額 1万円
適用利率 基準金利×0.66 基準金利-0.05% 基準金利-0.03%
最低保証金利 年率0.05%
備考 発行から1年後であればいつでも換金可能

預金保険制度とは

全額保護されるもの(決済用預金)

  • 当座預金
  • 利息の付かない普通預金

合算して1,000万円+利息等が保護されるもの(一般預金等)

  • 普通預金
  • 貯蓄預金
  • 納税準備預金
  • 通知預金
  • 定期預金(大口含む)
  • 掛金
  • 定期積金
  • 元本補填契約のある金銭信託
  • 保護預かり専用の金融債

預金保護されないもの

  • 外貨預金
  • 譲渡性預金
  • 元本補填契約の無い金融債
  • 投資信託

為替レート

TTS(対顧客電信売相場) あなたを基準にして円貨→外貨
TTB(対顧客電信買相場) あなたを基準にして外貨→円貨
TTM(仲値) 為替取引の基準相場

財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄について

  財形年金貯蓄 財形住宅貯蓄
基本要件(共通)

契約締結時に55歳未満の勤労者であること

1人1契約

5年以上の定期的な積み立て

基本要件(固有) 年金以外は払い出し不可 住宅取得目的なら5年以内でも払い出し可
非課税限度額(貯蓄型) 財形住宅貯蓄と合算して元利合計550万円まで 財形年金貯蓄と合算して元利合計550万円まで
非課税限度額(保険型) 払込保険料累計額385万円まで、かつ財形住宅貯蓄と合算して元利合計550万円まで 財形年金貯蓄と合算して払込保険料累計額550万円まで
目的外の払い出しの取り扱い(貯蓄型) 過去5年間に支払われた利息について、さかのぼって所得税および住民税が源泉徴収される 過去5年間に支払われた利息について、さかのぼって所得税および住民税が源泉徴収される
目的外の払い出しの取り扱い(保険型) 積立開始時からの利息相当分(差益部分)すべてが一時所得として総合課税となる 積立開始時からの利息相当分(差益部分)すべて所得税および住民税が源泉徴収される

投資者保護のしくみ

保護されるのは1,000万円までです。

保護対象になる 保護対象にならない
個人、一般の法人 機関投資家(銀行、証券会社、保険会社など)

 

国、地方公共団体など

株式、債券、投資信託など FX取引、有価証券店頭デリバティブなど

投資者保護のしくみ

保護されるのは1,000万円までです。

保護対象になる 保護対象にならない
個人、一般の法人 機関投資家(銀行、証券会社、保険会社など)

 

国、地方公共団体など

株式、債券、投資信託など FX取引、有価証券店頭デリバティブなど
michi
michi

投機性が高いものは保護されないイメージですね。

スワップの種類

金利スワップ 同じ通貨で異なるタイプの金利のみを交換
通貨スワップ 異なる通貨の金利と元本を交換
為替スワップ 異なる通貨の元本のみを交換
クーポンスワップ 異なる通貨の金利のみを交換

ポートフォリオの相関関係

相関関係 効果
-1 値動きが真逆、リスク低減効果最大
0 値動きがまったく連動しない
1 値動きが一致、リスク低減効果がない

NISAとは

  一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
対象者 国内在住の20歳以上の人 国内在住の0歳~19歳
対象商品

上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

低リスクで安定性が高い、公募株式投資信託

 

ETF

上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

金融機関の変更 不可
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円 年間80万円
非課税期間 最長5年間 最長20年間 最長5年間
非課税枠の繰越 不可
払い出し制限 なし 原則3月31日時点で18歳である年の前年12月31日まで払出しができない

つみたてNISAにおける公募株式投資信託のおもな要件

  • 販売手数料ゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬は一定水準以下
  • 分配頻度が毎月ではないことなど

その他細かい条件はつみたてNISAの概要:金融庁で確認できます。

貸金業法のポイント

総量規制 借入限度額は年収の3分の1まで
上限金利の引き下げ 29.2%→15%~20%に引き下げ
貸金業者に対する規制の強化 貸金業務取扱主任者の常駐が必須

貸金業社とは

貸金業者 貸金業者でないもの
消費者金融 銀行
事業者金融 信用金庫、信用組合
クレジットカード会社 労働金庫

タックスプランニング

おもな税金の種類

国税 所得税、法人税、消費税、酒税、たばこ税

 

相続税、贈与税、登録免許税、印紙税など

地方税 住民税、事業税、固定資産税、都市計画税

 

国民健康保険税、自動車税、入湯税など

居住者とは

国内に住所がある個人

国内に1年以上居所を有するもの(居所=住んでいる場所)

※1.2のどちらかでも当てはまれば『居住者』とみなされます。

居住者とは

国内に住所がある個人

国内に1年以上居所を有するもの(居所=住んでいる場所)

※1.2のどちらかでも当てはまれば『居住者』とみなされます。

michi
michi

例えば引っ越ししても住民票を移すとは限らないので、住所と居所が違う場合があります。

極端な話海外に住所があっても、日本に1年以上住んでいれば『居住者』とみなされます。


所得税の課税方式

  内容 確定申告 税率の方式
総合課税 全ての所得を合算 必要 超過累進税率
申告分離課税 個別に課税 必要 個別規定
源泉分離課税 税金が天引きされる 不要 一律

所得税の種類

所得 課税方式
利子所得 源泉分離課税(税法上は総合課税)
上場株式等の配当所得 総合課税、申告分離課税、申告不要のいずれか
配当所得 総合課税
不動産所得
事業所得
給与所得
退職所得 申告分離課税
譲渡所得(土地、建物、株式以外) 総合課税
譲渡所得(土地、建物、株式) 申告分離課税
山林所得 申告分離課税
一時所得 総合課税
雑所得 総合課税
michi
michi

イメージ的にですが、額が大きくなりそうなものは申告分離課税ですね。

上場株式等の配当所得

課税方式 配当控除 損益通算 確定申告
総合課税 必要
申告分離課税 △(注1) 必要
申告不要 不要

(注1)申告分離課税方式を選択した場合での損益通算は、上場株式等の譲渡損失のみ可能です。

譲渡所得の課税方法

不動産、株式以外 5年以下 総合 譲渡価額-経費-特別控除額(最高50万円)
5年超 {譲渡価額-経費-特別控除額(最高50万円)}×1/2
不動産 5年以下 分離 譲渡価額-経費-特別控除額に39.63%の課税
5年超 譲渡価額-経費-特別控除額に20.315%の課税
株式   譲渡価額-経費に20.315%の課税

退職所得の控除額

勤務年数20年以下 40万円×勤続年数(最低80万円)
勤務年数20年超 800万円+70万円×(勤続年数-20年)

退職所得の徴収方法

申告書を提出した場合 勤務年数に応じた所得税額が源泉徴収される
申告書を提出しなかった場合 収入金額に対して20.42%の所得税が厳選徴収される

不動産所得になるもの

  • アパート、マンションなどの賃貸収入
  • 敷金や保証金などの中で返還しないもの
  • 更新料、礼金、承諾金、頭金など
  • 共益費
  • 月極のあおぞら駐車場
  • 船舶、航空機の貸付

不動産所得にならない例

食事を提供する下宿の家賃収入 事業所得か雑所得
時間決めの駐車場 事業所得か雑所得
会社の寮などの家賃収入 事業所得

損益通算対象外の損失

不動産所得 土地の借入金の利子
譲渡所得 土地・建物の譲渡による損失
株式等の譲渡による損失※
生活に不必要な資産の譲渡による損失

上場株式等の譲渡損失は申告分離課税を選択した、上場株式等の配当所得と損益通算可能です。

為替差益における所得税の区分

予約有り 雑所得(20.315%の源泉分離課税)
予約なし 雑所得(総合課税)

一般的な非課税所得の例

  • 給与所得者の通勤手当(月額15万円まで)
  • 給与所得者の出張手当、転勤手当
  • 生活必需品の譲渡による取得
  • 損害賠償金
  • 入院給付金
  • 雇用保険の失業給付
  • 公的年金の障害給付、遺族給付
  • 国内の宝くじの当せん金
  • NISAの配当所得、譲渡所得など

金融類似商品とは

下記1.2.3の要件すべてを満たした場合、金融類似商品として保険差益に対して20.315%の源泉分離課税が課されます。

要件1

保険期間が5年以内

※満期が5年を超える契約でも、5年以内に解約した場合も含まれます。

要件2

下記両方に該当する。

  • 災害死亡保険金が満期保険金の5倍未満、もしくは入院・通院給付金日額に支払い限度日数を乗じた金額が満期保険金額の5倍未満
  • 普通死亡保険金が満期保険金の同額以下

要件3

下記のどれか1つに該当する。

  1. 契約時に保険料総額をすべて払う方法(一時払いのこと)
  2. 契約から1年以内に保険料総額の50%以上を払う方法
  3. 契約から2年以内に保険料総額の75%以上を払う方法

一時払変額年金保険、定額年金保険の解約返戻金の課税

  保険期間5年以内※ 保険期間5年超
確定年金 20.315%の源泉分離課税 一時所得+住民税
終身年金 一時所得+住民税

※中途解約も含みます。


おもな所得控除

  • 雑損控除
  • 医療費控除
  • 社会保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 寄付金控除
  • ふるさと納税
  • 扶養控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 基礎控除
michi
michi

かなり多いですがすべて頻出なのでしっかり覚えましょう!

所得税の基礎控除額とは

合計所得金額 基礎控除額
2,400万円以下 48万円
2,400万円超2,450万円以下 32万円
2,450万円超2,500万円以下 16万円
2,500万円超 なし

ふるさと納税とは

  確定申告 ワンストップ特例制度
寄付先の数 制限なし 5団体まで
申請方法 確定申告 申請書、本人証明書
控除 所得税、住民税 住民税のみ
実質自己負担分 2,000円 2,000円

※併用不可。誤って併用してしまった場合は、確定申告が優先されます。

所得税における配偶者控除

控除を受ける人の合計所得 控除対象配偶者 老人対象配偶者(70歳以上)
900万円以下 38万円 48万円
900万円超950万円以下 26万円 32万円
950万円超1,000万円以下 13万円 16万円
1,000万円超 なし なし

所得税における扶養控除

年齢 控除額 区分
0歳以上16歳未満 なし  
16歳以上19歳未満 38万円 通常の扶養親族
19歳以上23歳未満 63万円 特定扶養親族
23歳以上70歳未満 38万円 通常の扶養親族
70歳以上で同居 58万円 老人扶養親族
70歳以上で同居以外 48万円 老人扶養親族

医療費控除の計算式

年間所得 計算式
200万円以上 実際に支払った医療費-保険金などで補填される金額-10万円
200万円未満 総所得×5%

医療費控除の対象

医療費控除の対象
医療費控除対象外
  • 病院での診療費、治療費、入院費
  • 医師の処方箋をもとにした医薬品の費用
  • 市販の風邪薬、下痢止め薬
  • 治療に必要な医療器具の購入費
  • 通院に必要な交通費(公共交通機関)
  • 介護保険の対象となる介護費用
  • 人間ドック(重大な病気が発見された場合)など
  • 市販の漢方薬、目薬、発毛剤
  • 健康食品、サプリメントなど
  • 予防注射の費用
  • 美容整形の費用
  • マイカー通院のガソリン代や駐車料金
  • 自身の都合による差額ベッド代
  • 里帰り出産のための交通費
  • 人間ドック(病気が発見されない)

地震保険料控除とは

区分 所得税 住民税
年間支払保険料 控除額 年間支払保険料 控除額
①地震保険料 50,000円以下 支払保険料全額 50,000円以下 支払保険料×1/2
50,000円超 50,000円 50,000円超 25,000円
②旧長期損害保険料 10,000円以下 支払保険料全額 5,000円以下 支払保険料全額
10,000円超20,000円以下 支払い保険料×1/2+5,000円 5,000円超15,000円以下 支払保険料×1/2+2,500円
20,000円超 15,000円 15,000円超 10,000円

おもな税額控除

  • 配当控除(総合課税の場合)
  • 住宅借入金等特別控除 (住宅ローン控除)
  • 分配時調整外国税相当額控除
  • 外国税額控除
  • 政党等寄付金特別控除
  • 認定NPO法人等寄付金特別控除
  • 公益社団法人等寄付金特別控除
  • 住宅借入金等特別控除

じっさいはかなり多いので詳しくはNo.1200 税額控除:国税庁をご覧ください。

住宅ローン控除の対象者

ローンの方法 対象者
単独ローン 債務者のみ
ペアローン どちらも
収入合算(連帯債務方式) どちらも
収入合算(連帯保証方式) 債務者のみ

収入合算の違いについて

方式 ひとり もうひとり
連帯債務方式 主たる債務者 連帯債務者
連帯保証方式 債務者 連帯保証人

分かりやすく言うと、下記のようなかんじになります。

  • 連帯債務方式→どちらかが代表者で、連帯債務者も序列は同じ
  • 連帯保証方式→債務者に対して、連帯保証人は序列が1段階下

住宅借入金等特別控除のおもな要件

  • 控除を受ける年の合計所得金額が3,000万円以下
  • 住宅取得の被から6か月以内に入居し、適用を受ける年の12月31日まで居住していること
  • 返済期間10年以上の金融機関等からの住宅ローンであること
  • 床面積50㎡以上、かつ1/2が居住用であること
  • 給与所得者の場合、初年度分は確定申告が必要。2年目以降は年末調整で可能。

住宅借入金等特別控除の控除期間

居住の用に供した年 控除期間
令和元年10月1日~令和2年12月31日まで 13年
令和3年1月1日~令和3年12月31日まで 10年

給与所得者で確定申告が必要なひと

  • 給与収入が2,000万円超
  • 2か所以上から給与を受けている
  • 給与所得、退職所得以外が20万円超
  • 医療費控除、雑損控除、寄付金控除を受けるとき
  • 住宅借入金等特別控除を受ける最初の年
  • 配当控除等税額控除をうけるときなど

くわしくはNo.1900 給与所得者で確定申告が必要な人:国税庁をご覧ください。

青色申告の概要

対象所得 不動産所得、事業所得、山林所得
申請書の提出期限 その年の3月15日まで、新規事業の場合は開業から2か月以内
青色申告の特典 青色申告特別控除 原則10万円、一定要件を満たすと55万円、65万円が控除可能
青色事業専従者給与 適正額を全額経費に算入可能
純損失の繰り越し控除 翌年以降3年間可能
青色申告書の保管期間 7年(個人事業主)

青色申告特別控除の一定の要件とは

控除金額 要件
①10万円 原則の控除額
②55万円 事業的規模の不動産所得または事業所得

 

複式簿記(発生主義)、貸借対照表、損益計算書必須

③65万円 ②の帳簿を電磁保存

 

確定申告をe-taxで行っている

不動産所得における青色申告の控除の違い

規模 控除額
通常の不動産所得 10万円
事業的規模の不動産所得 55万円(e-taxで65万円)

※不動産における事業的規模の目安は下記です。

  • 貸間、アパパート等については、独立した室数がおおむね10室以上であること。
  • 独立した家屋についてはおおむね5頭以上ある事。

主な法人税率

資本金 税率
1億円超 23.2%
1億円以下(課税金額が800万円以下の部分) 19%
1億円以下(課税金額が800万円超の部分) 23.2%

交際費の損金算入限度額

資本金 損金算入限度額
1億円以下※どちらか選択 年間交際費のうち800万円以下全額
年間交際費のうち飲食支出額の50%
1億円超 年間交際費のうち飲食支出額の50%

交際費に該当しないもの

  • 贈与用としてカレンダー、手帳、扇子、うちわ、手ぬぐいその他これらに類するものの費用
  • 5,000円以下で所定の手続きをした飲食費
  • 従業員のために行われる慰安旅行、運動会、演芸会の費用
  • 会議に際しての茶菓や弁当代
  • 新聞、雑誌等の出版物や放送番組を編集、取材するために使われる通常の費用

細かい部分はNo.5265交際費等の範囲と損金不算入額の計算(国税庁)をご覧ください。

所得税と法人税での減価償却方法の違い

  所得税(個人事業主) 法人税(法人)
原則 選択可能か 原則 選択可能か
建物 定額法 × 定額法 ×
建物付属設備 定額法 × 定額法 ×
構築物 定額法 × 定額法 ×
機械装置 定額法 定率法 定率法 定額法
車両運搬具 定額法 定率法 定率法 定額法
工具・器具・備品 定額法 定率法 定率法 定額法
ソフトウェア 定額法 × 定額法 ×

まとめると下記のような感じです。

  • 建築物系とソフトウェアは定額法のみ
  • 機械装置、車両運搬具、工具等は所得税(個人事業主)は原則定額法、法人税(法人)は原則定率法※選択は可能

消費税の対象とならない主な取引(非課税取引)

  • 土地の譲渡および貸付け
  • 有価証券等の譲渡
  • 支払手段の譲渡(小切手など)
  • 預貯金の利子および保険料を対価とする役務の提供等
  • 商品券、プリペイドカードなどの譲渡

くわしくはNo.6201 非課税となる取引:国税庁をご覧ください。

消費税の対象とならない主な取引(不課税取引)

  • 給与、賃金
  • 寄付金、祝金、見舞金、国または地方公共団体からの補助金や助成金
  • 無償による試供品や見本品の提供
  • 保険金や共済金
  • 株式の配当金やその他の出資分配金
  • 資産について廃棄をしたり、盗難や滅失があったとき
  • 損害賠償金※一部除外あり

くわしくはNo.6157 課税の対象とならないもの(不課税)の具体例:国税庁をご覧ください。

非課税取引と不課税取引の違いは下記です。

  • 非課税取引→本来であれば消費税の対象といってもよいが、社会通念上課税することになじまないので課税されない。
  • 不課税取引→そもそも消費税の課税対象外。

消費税の確定申告日

個人事業主 課税期間の翌年の1月1日~3月31日
法人 決算日の翌日から2か月以内

損益計算書の例


不動産

公的な土地の価格

  公示価格 路線価 固定資産税評価額 基準値標準価格
調査主体 国土交通省 国税庁 市町村※1 都道府県
評価基準日 毎年1月1日 毎年1月1日 3年ごと基準年度の1月1日 毎年7月1日
発表時期 3月下旬 7月上旬 3月~4月 9月下旬
価格の水準 80% 70% 100%

※1→東京23区は東京都

不動産売買においてかかる税金

  土地 建物
印紙税
登録免許税
不動産取得税
消費税 無税 〇(個人間取引なら無税)

不動産取得税とは

機関 都道府県
課税標準 固定資産税評価額
不動産取得税の計算 固定資産税評価額×税率
課税対象 不動産を取得した個人及び法人
課税対象外 相続、遺贈、法人の合併・分割によって取得した場合

不動産取得税の軽減特例の要件

新築

建物 特例の税額

不動産取得税=(固定資産評価額-1,200万円)×3%

※認定長期優良住宅は1,300万円

軽減の要件

居住用その他も含め住宅用全般に適用

床面積50㎡(戸建以外の賃貸住宅は40㎡)以上240㎡以下

土地 特例の税額 不動産取得税=(固定資産税評価額×1/2×3%)-控除額

軽減の要件

  1. 建物の軽減の要件を満たしている
  2. 土地取得から3年以内に建物を新築する
  3. 土地を借りるなどして住宅を新築したあと、1年以内にその土地を取得する

※1は必須、2.3はいずれか

 

中古

建物 特例の税額

不動産取得税=(固定資産評価額-控除額)×3%

軽減の要件

居住用に適用(賃貸マンション等『住宅用』はNG)

床面積50㎡以上240㎡以下

土地 特例の税額 不動産取得税=(固定資産税評価額×1/2×3%)-控除額

軽減の要件

  1. 建物の軽減の要件を満たしている
  2. 土地取得から1年以内に建物を新築する
  3. 土地を借りるなどして住宅を新築したあと、1年以内にその土地を取得する

※1は必須、2.3はいずれか

 

不動産における譲渡所得の計算の概要

譲渡価額 不動産譲渡の総収入額
取得費

不動産の購入代金

購入時の仲介手数料

使用開始日までの借入金の利子

登録免許税

不動産取得税

設備費、改良費など

譲渡費用

譲渡時の仲介手数料

建物の解体費用

立ち退き料など

宅地建物取引業法の媒介契約の概要

  契約期間 他業者に同時に依頼 自己発見取引 報告義務 レインズへの登録義務
一般媒介 無制限 できる できる なし なし
専任媒介 3か月以内 できない できる 2週間に1回以上 契約から7日以内
専属専任媒介 3か月以内 できない できない 1週間に1回以上 契約から5日以内

不動産売買の手付金について

買主側から解約 手付金を放棄
売主側から解約 手付金の倍額を買主に返す

民法における契約不適合責任について

  買主に帰責事由 双方帰責事由なし 売主に帰責事由
損害賠償 × ×
解除 ×
追完請求 ×
代金減額 ×

分かりやすく言うと

  • 買主に問題がある→買主は何もできない
  • 売主に問題がある→買主は救済される
  • お互い問題が無い→買主は損害賠償以外は可能

普通借地権の契約年数

当初   30年
契約更新 初回 20年
2回目以降 10年

定期借地権について

  一般定期借地権 事業用定期借地権 建物譲渡特約付借地権
建物の利用目的 制限なし 事業用のみ 制限なし
契約の存続期間 50年以上 10年以上50年未満 30年以上
契約方法 書面 公正証書 制限なし
借地関係の終了 期間の満了 期間の満了 建物の譲渡
満了時の返還形態 更地で返還 更地で返還 地主が借地人から買取る

普通借家権

  契約期間1年以上 契約期間1年未満(期間の定めのない契約)
賃貸人(地主、大家さんなど) 期間中は解約不可。契約時に中途解約特約をつければ可能。 正当な事由以外は解約申し入れ不可。解約申し入れから6か月後に契約終了。
賃借人(借りる人) いつでも解約申し入れ可能。申し入れから3か月後に契約終了。

定期借家権

契約期間 制限なし
契約の更新 なし。再契約したい場合は改めて契約し直す
契約方法 公正証書等の書面

契約方法の比較

普通借地権 制限なし
一般定期借地権 書面(公正証書等)
事業用定期借地権 公正証書
建物譲渡特約付借地権 制限なし
普通借家権 制限なし
定期借家権 書面(公正証書等)
michi
michi

テキストによくある『書面』と『公正証書等の書面』の意味は同じです。

統一してほしいですよね(笑)

地代における消費税

譲渡   非課税
貸付 期間が1ヶ月以上 非課税
期間が1カ月未満 課税される
駐車場その他の施設の利用に伴って土地が使用される場合 課税される

登録免許税の税率

  税率
所有権保存登記   0.4%
所有権移転登記 売買等 2.0%
相続 0.4%
遺贈・贈与 2.0%
抵当権設定登記   0.4%

軽減税率の特例もあるので、詳しくは登録免許税の税額表(国税庁)をご覧ください。


不動産の登記

表題部   物理的な表示に関する登記を記載。
権利部 甲区 所有権に関する記載(差し押さえも)
乙区 所有権以外に関する記載(抵当権など)

区分所有法の議決権について

必要議決権数 おもな決議
1/5以上 集会の招集
過半数 管理者の選任、解任
3/4以上 規約の設定、変更、廃止

 

大規模滅失による復旧

4/5以上 建て替え
michi
michi

細かいですが過半数は1/2以上ではありません。

  • 過半数→100人中51人以上
  • 1/2以上→100人中50人以上

おもな都市計画区域

市街化区域

既に市街化している区域

10年以内に市街化を目指す区域

市街化調整区域 市街化を抑制すべき区域
非線引き区域 どちらにも指定されていない区域

都市計画区域内の開発について

開発区域 許可が必要な規模
市街化区域 1,000㎡以上
市街化調整区域 規模にかからわらず必要
非線引き区域 3,000㎡以上
準都市計画区域 3,000㎡以上
その他区域 10,000㎡以上以上

※市街化調整区域であっても農林漁業用の建物、その農林漁業事業者の住宅は許可不要です。

農地法について

  目的 許可権者 市街化区域内の特例
農地法3条 権利移動 農業委員会 なし
農地法4条 転用 都道府県知事等 農業委員会に届け出れば許可不要
農地法5条 権利移動+転用 都道府県知事等  農業委員会に届け出れば許可不要

用途市域別建築制限のポイント

細かすぎて完璧に覚えるのはむずかしいのでポイントをおさえましょう。

神社、教会、保育所、診療所 制限なし

  工業専用地域 その他
住宅、図書館、老人ホーム

  工業地域 工業専用地域 その他
幼稚園、小中高等学校

  第一種低層住居専用地域 第二種低層住居専用地域 田園住居地域 工業地域 工業専用地域 その他
大学、高等専門学校、病院

  近隣商業地域 商業地域 準工業地域 その他
カラオケボックス △or✖

※△は一部制限ありです。

  第二種住居地域 準住居地域 近隣商業地域 商業地域 準工業地域 その他
ホテル、旅館 △or✖

※△は一部制限ありです。


セットバックの注意点

  • セットバック部分については、建築物以外にも門や塀なども建築できない。
  • 建ぺい率や容積率を計算する場合に、セットバック部分については敷地面積から除外される。

建ぺい率のおもな緩和条件

  緩和率
特定行政庁の指定する角地に建物を建てる 10%加算

建蔽率80%以外、かつ防火地域内に耐火建築物を建てる

(同等以上の延焼防止性能を持つ建築物も可)

10%加算

建蔽率80%、かつ防火地域内に耐火建築物を建てる

(同等以上の延焼防止性能を持つ建築物も可)

緩和率が100%になる(制限なし)
準防火地域に耐火建築物または準耐火建築物を建てる 10%加算
michi
michi

ちなみに防火地域内に準耐火建築物を建てても緩和はありません。

めちゃくちゃ紛らわしいです。

既定の異なる地域にまたがる場合

用途地域が異なる地域にまたがる 敷地面積が大きい方の規定を適用
建ぺい率、容積率が異なる地域にまたがる 加重平均して計算(別々に計算して足す)
防火地域、準防火地域にまたがる 厳しい方の地域を適用

所有期間の違い

期間 譲渡した年の1月1日における所有期間
短期譲渡所得 5年以下
長期譲渡所得 5年超
michi
michi

取得日から数えて、1月1日が5回以内しか来なかったら短期、6回以上来たら長期です。

指で数えてくださいね。


固定資産税における住宅用地の課税標準特例について

特例部分 固定資産税評価額
小規模住宅用地(200㎡以下の部分) 1/6
一般住宅用地(200㎡を超える部分) 1/3

都市計画税の軽減特例

特例部分 固定資産税評価額
小規模住宅用地(200㎡以下の部分) 1/3
一般住宅用地(200㎡を超える部分) 2/3
michi
michi

固定資産税の軽減特例とごっちゃにならないように注意しましょう。

居住用財産の3,000万円特別控除の特例のおもな要件

  • 自分が住んでいる家屋を売る、家屋と共にその敷地や借地権を売る
  • 譲渡した相手が配偶者、直系血族、生計を一にしている、同族会社などの特別な関係でないこと
  • 今住んでいない場合は、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売る
  • 前年、前々年に本特例、特定の居住用財産の買い換え特例、譲渡損失の繰り越し控除の特例を受けていない

じっさいはめちゃくちゃ細かいので、詳しくNo,3302マイホームを売った時の特例(国税庁)をご覧ください。

居住用財産の軽減税率の特例

  • 居住用財産の3,000万円特別控除の特例の要件を満たしている
  • 譲渡した年の1月1日時点で、所有期間が10年を超えていること

特定の居住用財産の買い換えの特例のおもな要件

  • 譲渡資産の所有期間が10年超、かつ居住期間も10年超であること
  • 譲渡対価が1億円以下であること
  • 譲渡した前年の1月1日から譲渡した年の12月31日までに買い換えする居住用財産を取得すること
  • 買い換えの居住用財産は土地面積500㎡以下、家屋の床面積50㎡以上であること

被相続人の居住用財産(空き家)を売った時の特例のおもな要件

  • 昭和56年5月31日以前に建築されている
  • 相続開始の直前において相続人以外に居住をしていた人がいなかったこと
  • 相続の開始があった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売ること
  • 売却代金が1億円以下であること
  • 譲渡所得の控除額は最高3,000万円

投資の利回り計算

表面利回り 年間収入÷投資金額×100
純利回り (年間収入-実質費用)÷投資金額×100

建設協力金方式とは

貸主(土地オーナー)が借主(テナント企業等)から協力金を借り、建物の建築費用にあてます。

借りたお金は月々のテナント料と相殺していくかたちが一般的です。

  相続税評価
土地 貸家建付地
建物 貸家

等価交換方式とは

全部譲渡方式

デベロッパーに土地を一旦すべて売却し、建物完成後に土地価格に見合う分の土地と建物を得る方式です。

michi
michi

土地所有権を先渡ししてしまうので、建物完成までは権利が無くなってしまいます。

部分譲渡方式

デベロッパーに部分的に土地を売却します。建物完成後の流れは下記です。

  • デベロッパー→土地の一部の所有権を得られる
  • 土地所有者→建物の一部の区分所有権を得られる
michi
michi

部分的に売却するので、土地所有権は建物完成前から土地所有者とデベロッパーの共有状態になります。

贈与税の配偶者控除について

  • 居住用不動産、購入資金のみ適用される
  • 最高2,000万円まで
  • 基礎控除110万円も別に受けられる
  • 婚姻期間が20年以上(内縁関係は不可)
  • 贈与の年の翌年の3月15日までに居住し、住み続ける必要がある
  • 同じ配偶者からは1回きりしか受けられない
  • 贈与税額がゼロであっても確定申告が必要
michi
michi

条件は厳しめです。

相続・事業承継

税金の申告期限の違い

所得税 翌年の2月16日~3月15日まで
贈与税 翌年の2月1日~3月15日まで
相続税 被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10カ月以内

贈与契約について

  書面 書面によらないもの
成立の時期 契約の効力が発生したとき 契約が実際に履行されたとき
契約の解除 効力発生後は一方的に解除できない 履行されていない部分は解除可能

贈与税における主な課税財産

  • 土地
  • 建物
  • 現金
  • 預貯金
  • 有価証券
  • みなし贈与財産

贈与税における主な非課税財産

  • 法人からの贈与(所得税の対象)
  • 扶養義務者からの贈与(貯金や運用をした場合は贈与税の対象)
  • 生前贈与財産(相続税の対象)
  • 香典、見舞金など
  • 離婚による財産分与

みなし贈与財産の例

  • 生命保険金
  • 個人年金の権利
  • 低額譲渡
  • 借金の肩代わり
  • 負担付き贈与契約なのに実際は負担が無い場合

相続の手続き

  手続きの期限 管轄
限定承認、相続放棄など 3か月以内 家庭裁判所
所得税の申告 4か月以内 被相続人死亡時の所轄税務署
相続税の申告 10か月以内 被相続人死亡時の所轄税務署

相続時精算課税制度とは

  要件
税務署への届け出 贈与年の翌年2月1日から3月15日まで
贈与者 贈与年の1月1日時点で60歳以上の父母、祖父母であること
受贈者 贈与年の1月1日時点で20歳以上の推定相続人である子、孫であること
対象 贈与者1人につき2,500万円まで非課税、超えた分は一律20%の税率

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例

贈与者 直系尊属(父母、祖父母など)
受贈者 20歳未満の直系卑属(子、孫など)
受贈者の所得制限 贈与を受けた年の所得が2,000万円以下
特別な要件 取得した住宅の床面積が50㎡以上240㎡以下

 

暦年課税、相続時精算課税制度のいずれかと併用可能

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税限度枠の違い(消費税率等10%の場合)

契約締結日 省エネ住宅等 その他の住宅
平成31年4月1日~令和2年3月31日まで 3,000万円 2,500万円
令和2年4月1日~令和3年12月31日まで 1,500万円 1,000万円

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税限度枠の違い(消費税率等10%以外の場合)

契約締結日 省エネ住宅等 その他の住宅
平成27年12月31日まで 1,500万円 1,000万円
平成28年1月1日~令和2年3月31日まで 1,200万円 700万円
令和2年4月1日~令和3年12月31日まで 1,000万円 500万円

教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税

贈与者 直系尊属(父母、祖父母など)
受贈者 30歳未満の直系卑属(子、孫など)
受贈者の所得制限 前年の所得が1,000万円以下
非課税枠 1,500万円

※非課税枠のうち、塾や習い事等の学校教育費以外は500万円まで。

michi
michi

1,000万円と1,500万円は混同しやすいので注意です。

結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税

贈与者 直系尊属(父母、祖父母など)
受贈者 20歳以上50歳未満の直系卑属(子、孫など)
受贈者の所得制限 前年の所得が1,000万円以下
非課税枠 1,000万円

※非課税枠のうち、結婚費用は300万円まで。

michi
michi

住宅資金や教育資金贈与の非課税措置と混同しやすいので注意です。

贈与税の特例のポイント

  • 贈与を受けた翌年の2月1日から3月15日までに申告書を提出
  • 贈与税額が特例によってゼロになったとしても提出が必要
  • 一定の要件を満たせば延納も可能

特例贈与財産と一般贈与財産の違い

特例贈与財産 直系尊属からその年の1月1日において20歳以上の直系卑属への贈与
一般贈与財産 上記以外。例えば兄弟間の贈与、叔父叔母からの贈与、その年の1月1日において20歳未満のときなど

※令和4年1月1日以降の贈与により財産を取得した場合は18歳以上になります。


養子縁組の違い

  普通養子縁組 特別養子縁組
養親の要件 成人以上(独身可) 婚姻している夫婦(一方が25歳以上)
養子の年齢制限 特になし 申し立て時に原則15歳未満
縁組の要件 親権者の同意が必要 父母の同意が必要

 

父母の養育が困難で、子供の監護が不適当な場合

手続き方法 契約のみ 6か月の試験養育機関と家庭裁判所の審判が必要
離縁 いつでも可能 原則として不可
血縁親族との関係 存続する 終了する
戸籍への記載 養子、養女 長男、長女

法定相続分について

相続人が配偶者、子の場合

  • 配偶者→2分の1
  • 子→残りの2分の1を等分

相続人が配偶者、父母の場合

  • 配偶者→3分の2
  • 父母→残りの3分の1を等分

相続人が配偶者、兄弟姉妹の場合

  • 配偶者→4分の3
  • 兄弟姉妹→残りの4分の1を等分

遺留分の計算方法

対象者 遺留分
相続人が直系尊属のみ 法定相続分の1/3
その他 法定相続分の1/2

代襲相続とは

相続人となるべき人が死亡、相続欠格、排除で相続権を失っているときに、その者の子に相続権が移転する

  • 相続分は本来相続人となるべき人と同じ
  • 相続放棄した場合は代襲相続は認められない。
  • 欠格や排除の場合は代襲相続可能
  • 子の代襲相続は無制限(孫→ひ孫→玄孫)
  • 兄弟姉妹の代襲相続は一代限り

相続税の基礎控除

基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

※養子については被相続人に実子がいる場合は1人、いない場合は2人まで法定相続人の数にカウントできます。

遺言とは

種類 自筆証書遺言 自筆証書遺言保管制度 公正証書遺言 秘密証書遺言
遺言可能条件 15歳以上、かつ意思能力がある
証人 不要 2人以上必要
保管場所 自身で保管 法務局 公証役場 自身で保管
検認場所 家庭裁判所 不要 不要 家庭裁判所
michi
michi

令和2年7月10日以降自筆証書遺言を法務局で保管できる制度が始まりました。

遺言書の種類

種類 作成方法 証人 家庭裁判所の検認
自筆証書遺言
  1. すべて自書

財産目録はパソコン可※署名押印必要

不要 必要
自筆証書遺言保管制度 不要 不要
公正証書遺言
  1. 本人が口述、公証人が筆記
2人以上 不要
秘密証書遺言
  1. 本人が作成(パソコン可)
  2. 署名・捺印後封印
  3. 公証役場で手続き
2人以上 必要

公正証書遺言の証人になれない者

  • 未成年者
  • 推定相続人
  • 受遺者とその配偶者
  • 直系血族
  • 公証人の配偶者と4親等内の親族、書記および雇人
michi
michi

学科の問1でFPは証人になれるか?という問題が良く出題されますが、上記関係者でなければFPでも可能です。

公正証書遺言の手数料

公正証書遺言の手数料は目的である財産の価額によって手数料が定められています。

目的の価額 手数料
100万円以下 5,000円
100万円超200万円以下 7,000円
200万円超500万円以下 11,000円
500万円超1,000万円以下 17,000円
1,000万円超3,000万円以下 23,000円
3,000万円超5,000万円以下 29,000円
5,000万円超1億円以下 43,000円
1億円超3億円以下 43,000円+(5,000万円超過ごとにプラス13,000円ずつ加算)
3億円超10億円以下 95,000円+(5,000万円超過ごとにプラス11,000円ずつ加算)
10億円超 249,000円+(5,000万円超過ごとにプラス8,000円ずつ加算)

遺産分割の種類

  分割方法
指定分割 遺言通りの分割方法。
協議分割 相続人全員の合意での分割。遺言よりも優先されます。
調停分割 協議分割がまとまらない場合、家庭裁判所の調停にて分割します。
審判分割 調停でもまとまらない場合、家庭裁判所の審判にて分割します。

配偶者の相続税額の軽減の要件

  • 法律上の婚姻関係にある(内縁は不可)
  • 相続税の申告書を提出する。
  • 相続放棄していても遺贈による取得財産があれば適用される。
  • 申告時に未分割によって税額軽減が受けられなくても、3年以内に分割すれば税額軽減される。

死亡保険金の相続税における非課税枠

  • 500万円×法定相続人の数

※放棄した人も含まれます。

※法定相続人以外が死亡保険金を受け取った場合には非課税枠はありません。

死亡保険金にかかる税金の種類

条件 課税対象
契約者=被保険者 相続税
契約者=受取人 所得税
契約者≠被保険者≠受取人 贈与税

満期保険金にかかる税金の種類

条件 課税対象
契約者=受取人 所得税
契約者≠受取人 贈与税

みなし相続財産の代表例

  • 死亡保険金
  • 死亡退職金
  • 個人年金を受けとる権利
  • 解約返戻金を受けとる権利
  • 満期保険金を受けとる権利

相続税の2割加算の対象

  • 兄弟姉妹
  • 甥、姪
  • 代襲相続人でない孫(いわゆる孫養子)

債務控除について

  控除できるもの 控除できないもの
債務

未払いの税金

未払いの医療費

借入金

墓地、墓石の未払金、購入費用

保証債務

遺言執行費用

葬式費用等

通夜、告別式の費用

お布施、戒名料、読経料

遺体の捜索、運搬費用

香典返し

法事(初七日、四十九日など)

小規模宅地等の評価減の限度面積と減額割合

  限度面積 減額割合
特定事業用宅地等 400㎡ 80%
貸付事業用宅地等 200㎡ 50%
特定居住用宅地等 330㎡ 80%

小規模宅地等についての相続税の課税価格の特例のおもな要件

取得した人 要件
①配偶者 特になし
②同居の親族 申告期限まで所有し、居住し続けている場合
③被相続人と生計を一にしていた親族 相続開始前から申告期限まで所有し、居住し続けている場合
①②③以外の親族 相続開始前3年以内に自己、自己の配偶者が所有する家屋に住んでいない、かつ取得した家屋を引き続き所有している場合

宅地の評価方法

利用区分 評価方法
自用地 路線価方式か倍率方式
借地権(普通借地権) 自用地評価額×借地権割合
貸宅地(底地) 自用地評価額×(1-借地権割合)
貸家建付地 自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)
貸家建付借地権 自用地評価額×借地権割合×(1-借家権割合×賃貸割合)

建物の評価方法

利用区分 評価方法
自用建物 固定資産税評価額×1.0
貸家 固定資産税評価額×1.0×(1-借家権割合×賃貸割合)

路線価図の借地権割合

A 90%
B 80%
C 70%
D 60%
E 50%
F 40%
G 30%

相続における上場株式の評価

下記4つのなかでもっとも低い価格が採用されます。

  1. 死亡当日の終値
  2. 死亡当月の終値の月平均額
  3. 前月の終値の月平均額
  4. 前々月の終値の月平均額

延納の主な担保

  • 土地
  • 建物
  • 国債
  • 有価証券
  • 保証人の保証(滞納しても肩代わりしてくれる人から徴収できる金額)

物納できるおもな財産

順位 物納できる財産
1位 不動産、船舶、国際、地方債、上場株式等
不動産および上場株式のうち物納劣後財産に該当するもの
2位 非上場株式等
非上場株式のうち物納劣後財産に該当するもの
3位 動産

物納劣後財産とはあまり売れない、お金に換えづらい財産ということです。

michi
michi

1位から順番に物納できます。

いきなり3位とかはできません。