FP3級が受かる勉強期間と時間とは?私が8割得点した方法

悩んでいる人
悩んでいる人

FP3級資格を取りたいんですが、どれだけ勉強すれば良いのか知りたいです。

効率が良いやり方とか教えてくれるとありがたいんですけど。。

こんなお悩みを解決します。

本記事の内容
FP3級試験とは
FP3級合格のための勉強期間と時間が分かる
michiの勉強方法が分かる

FP3級の合格率は約90%です。

10人中9人は受かる計算ですね。

楽勝楽勝!

そんな風に思っていた時期もありました。。

先に結論を言いますと無勉では99%受かりません。

10回受けても多分ムリなので、必ず勉強しましょう。

ちなみにmichiが勉強した期間と時間は下記です。

  • 勉強期間→2~3ヶ月くらい
  • 勉強時間→1日1時間くらい(毎日ではない)
FP3級試験得点表
学科が60問中55問、実技が20問中15問の正答でした

意外とかんたんと思われるかもしれませんが、社会人が勉強時間を作るのはなかなか大変なんですよね。。

事実わたしも苦労しましたが、だからこそ経験をもとに有益な情報をお伝えできます。

本記事を見た後は時間の無いあなたでも、FP3級に受かる勉強期間と時間が分かりますよ。

michi
michi

後半ではmichiがじっさいに受かった時の勉強方法を紹介しています。

勉強方法を早速知りたい方→michiの勉強方法

FP3級とは

FP3級とは

FP3級資格の概要からお話いたしますね。

  • 3級FP技能士は入門用
  • 3級FP技能士のメリット

3級FP技能士は入門用

FP資格は主に下記に分けられます。

FP資格の分類

国家資格

・FP3級→入門用

・FP2級→実務レベル

・FP1級→国家資格トップ

民間資格

・AFP→FP2級以上であれば研修後取得可能※研修自体はFP2級でなくとも受講可

・CFP→AFP認定者が受験対象者、世界基準の資格

FP3級は第一歩目です。

3級はたしかに2級などと比べるとかんたんですが、それでも勉強は必要なので油断しないでくださいね。

3級FP技能士のメリット

3級FP技能士のメリットは下記です。

3級FP技能士のメリットとは
3級でも国家資格
お金の知識が身につく
世の中のいろいろなことに興味を持てる

たしかに3級合格レベルの知識では、じっさいのファイナンシャルプランニングは難しいでしょう。

しかし勉強し合格した私が断言しますが、まちがいなくやってよかったです。

  • ただ言われるままに契約していた保険の見直し
  • 土地を売却する際に、税金のことを自分で考えるようになった(たまたま機会がありました)
  • 相続ってこうするんだ

このような今までに気にも留めていなかったことに興味を持てるようになりました。

なので『FP3級なんて誰でも受かるんだから、イチイチ勉強しなくてもいいじゃん』というのは非常にもったいないですね。

FP3級でもメリットはいっぱいありますよ。

FP3級試験のなかみ

FP3級試験のなかみ

次はFP3級試験の情報をご紹介いたしますね。

FP3級試験のなかみ
日本FP協会ときんざいの2種類ある
学科と実技について詳しく紹介
学科と実技は別々に受験できる
FP試験の特別制度

日本FP協会ときんざいの2種類ある

じつはFP試験の主催団体は2種類あります。

  • 日本FP協会
  • 金融財政事情研究会(きんざい)

なぜ2つあるのかというと両方とも元々民間資格でして、後年に国家資格になったためです。

つまりそれぞれ別会社ということになります。

ちなみにどちらで受験してもFP3級は取れますが、具体的な違いを説明いたしますね。

日本FP協会

  • 学科はきんざいと共通
  • 実技は1種類のみ
  • 実技試験の内容はオーソドックス

近年の合格率

  受験者数 合格者数 合格率
2021年5月学科 36,378人 30,284人 83.25%
2021年5月実技 36,691人 28,122人 76.65%
2021年1月学科 31,272人 27,494人 87.92%
2021年1月実技 31,607人 27,348人 86.53%
2020年9月学科 31,247人 28,011人 89.64%
2020年9月実技 31,319人 27,574人 88.04%
2020年1月学科 25,170人 21,479人 85.34%
2020年1月実技 24,237人 19,257人 79.45%

きんざい

  • 学科は日本FP協会と共通
  • 実技は『個人資産相談業務』『保険顧客資産相談業務』から選べる
  • 実技試験の内容はより実践的

近年の合格率

  受験者数 合格者数 合格率
2021年5月学科 23,248人 11,117人 59.63%
2021年5月個人 12,202人 7,277人 59.63%
2021年5月保険 14,639人 6,993人 47.76%
2021年1月学科 26,140人 16,666人 63.75%
2021年1月個人 16,414人 9,625人 58.63%
2020年1月保険 17,194人 9,632人 56.01%
2020年9月学科 35,659人 24,706人 69.28%
2020年9月個人 17,207人 6,071人 35.28%
2020年9月保険 22,273人 12,518人 56.20%

このような感じですね。実技はともかく問題がまったく同じ学科の合格率になぜか差があるという(笑)

悩んでいる人
悩んでいる人

ココだけの話、どっちを受けたらいいですか?

過去問解説をしている私のおすすめは日本FP協会です。

理由を説明しますね。

日本FP協会
きんざい
  • 実技の問題は教科書通りが多い
  • 実技は20問で配点は全部同じ
  • 実技の問題はどちらかというと応用が多い
  • 実技は15問で難しい問題に配点が多い

このようにきんざいは比較的難しい問題が多く、なおかつ問題数が少ないため取りこぼしができないところもネックです。

もう1つ付け加えるなら、過去問解説をやりつづけて2級を取っている私でも悩むくらいのレベルの高い問題が潜んでいます。

なので受かるだけを目的とするなら日本FP協会での受験をおすすめします。

michi
michi

フォローしておくと、問題を解けた後の嬉しさはきんざいが上です。

また3級とはいえ実際のプランニングに近いので、職業にしたい方はきんざいがおすすめですね。

学科と実技について詳しく紹介

FP3級試験科目の学科と実技について詳しく紹介していきますね。

それぞれの合格ラインは6割得点です。

  問題数 配点 合格ライン
学科(共通) 60問 1問1点 60点中36点
実技(日本FP協会) 20問 1問5点 100点中60点
実技(きんざい) 15問 1問3点or4点 50点中30点

ちなみに満点を取るのはほぼ不可能なので、そのような勉強方法はおすすめしません。

michi
michi

わたしも1,2問は『ん?』となる問題があります。

なので問題集や資格講座で多く取り上げられている所を集中して勉強しましょう。

学科と実技は別々に受験できる

FP試験では学科と実技は別々に受験できます。

そのメリットは下記です。

別々に受験するメリットとは
片方だけ受かった場合、次は受からなかったほうだけ受験すればオッケー。
とりあえずどちらか集中して勉強したい!という方法もとれる。

あまり意味もないですが、学科は日本FPを受験して、次の試験で実技をきんざいにするということもできます。

仕事の都合などで勉強時間や期間が足りないといった場合に利用すると良いですね。

FP試験の特別制度

FP試験には3級受験免除制度があります。

通常は3級を受からないと2級は受験できませんが、一定の要件をクリアするといきなり2級受験可能になります。

2級受験までの流れは下記です。

  1. 特定の資格講座でAFP認定研修を申し込む
  2. AFP認定研修の終了(この時点ではAFPではない、研修が終わっただけ)
  3. FP2級受験
michi
michi

このあと必要ならばAFP資格の申請をすると晴れてAFPになれます。

なのでもしFP3級は飛ばして2級から受けたい!という方はおススメのやり方です。

FP3級おすすめ講座3選を本試験8割取った私が徹底的に解説!でAFP研修を受けられる資格講座を紹介しています。

FP3級合格までの勉強期間と時間

FP3級合格までの勉強期間と時間

それでは私がFP3級合格のために取り組んだ勉強内容や期間等をお話いたしますね。

michiが取り組んだ勉強内容

主催団体→日本FP協会

受験日→2021年1月

取得点数→学科60問中55問、実技20問中15問

勉強期間→2カ月~3ヶ月くらい

勉強時間→1日1時間くらい(毎日ではない)

社会人でも合格できるペースです。

もうすこし深掘りしますね。

FP試験は通常1月、5月、9月と年3回あるので、まずは受験する月を決めましょう。

わたしの場合は1月を受験する日に決め、その2~3ヶ月前から勉強をスタートさせました。

あまりに長すぎてもダレでしまいますし、FP3級試験の難易度を考えると適正な期間だったと考えられます。

そして勉強時間は下記です。

  • 週に4日程度
  • だいたい1日1時間くらい
  • 時間帯は朝6時~7時が多かった(いわゆる朝活です)
  • あとはスキマ時間に資格講座の視聴や一問一答で練習。

特に忙しい社会人にとっては、仕事が終わったあとだと完全に疲れてしまってやる気が出ないので、朝活は本当におすすめです。

michi
michi

ちなみに2級の勉強時間もすべて朝活で作っていました。

michiがFP3級に合格した勉強方法

michiがFP3級に合格した勉強方法

それでは最後に私の勉強方法を紹介いたします。

michiの勉強方法

1.過去問、問題集を解く

2.分からないところをテキストで確認

3.資格講座を使う

4.スキマ時間に資格講座の音声、動画を2.5倍速で再生

5.スキマ時間にスマホで一問一答

順番が重要です。

たったこれだけで8割得点できました。

もう少し詳しくお話ししますね。

最初にテキストを見るのはとても効率が悪いので、過去問や問題集を解くことからスタートしましょう。

過去問解説はぜひ私のサイトをご覧ください(笑)

はじめは分からないことだらけですが、その都度テキストで確認していきましょう。

そのうちテキストを読んでも理解できない問題が出てきます。

こうなったら資格講座がベターです。やはり長年の経験を積み重ねているプロは説明が上手です。

よろしければじっさいに私が使った講座をFP3級おすすめ講座3選を本試験8割取った私が徹底的に解説!で紹介していますので、ぜひご覧ください。

ちなみに資格講座では講義動画が見られます。

2倍~2.5倍速くらいでスキマ時間に利用すると勉強時間の効率がグッと上がりますよ。

はじめは違和感があるかもですが、慣れればぜんぜんいけるのでぜひ活用してください!

また時間が無いあなたにはスマホでできる一問一答がピッタリです。

スマホがあるだけでいつでもどこでも勉強できますよ。

ここまで紹介した1~5を勉強期間2~3ヶ月、勉強時間1日1時間くらいで繰り返せば、毎日勉強しなくとも私と同じくらいの点数は取れます。

まとめ:FP3級試験にも勉強は必要です!

まとめ:FP3級試験にも勉強は必要です!

本記事をまとめます。

FP3級試験の合格率は約90%ですが、無勉ではまず受かりません。

わたしが受かるために要した勉強期間と時間は下記です。

  • 勉強期間→2カ月~3ヶ月
  • 勉強時間→1日1時間(毎日ではない)

その他受かるためのポイントをまとめました。

FP3級に受かるためのポイント
1.日本FP協会で受験するのがオススメ
2.先に試験日を決める
3.逆算して2~3か月前に勉強スタート
4.1日1時間くらいは勉強時間を取る
5.週で4日は勉強する
6.社会人は朝がオススメ
7.勉強方法はmichi風が効率的

わたしは特に勉強ができる人間ではないですが、上記で本試験8割得点できました。

ぜひ試してみてくださいね!

今回は以上です。

目次に戻る