FP3級【日本FP協会実技】2021年5月【問17】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年5月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.17

先に下記の資料をご覧ください。(Q15.16.17.18.19.20)

2021年5月実施FP3級実技試験第17問の資料①

翔太さんと桃子さんは、教育資金が不足した場合を考え、日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)について、FPの馬場さんに質問をした。次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、記載のない事項については、一切考慮しないこととする。

2021年5月実施FP3級実技試験第17問の資料②

1.(ア)変動 (イ)350 (ウ)450
2.(ア)固定 (イ)350 (ウ)450
3.(ア)固定 (イ)450 (ウ)550

2が正しい

(ア)固定 (イ)350 (ウ)450が適切です。

教育一般貸付とは

融資限度額 1人に月350万円(海外留学などは450万円)
返済期間 最長15年
金利 固定
対象 学費、受験費用、住居費用、教科書、定期代

パソコン購入費、学生の国民年金保険料など

問18へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072