FP3級【日本FP協会実技】2021年5月【問20】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年5月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.20

先に下記の資料をご覧ください。(Q15.16.17.18.19.20)

2021年5月実施FP3級実技試験第20問の資料①

桃子さんの妹の三上恵子さんは会社員であるが出産を間近に控えており、現在産前産後休業を取得中である。産前産後休業期間中の社会保険料の取扱いに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、恵子さんは、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者であり、かつ厚生年金保険の被保険者である。

1.事業主が申出を行った場合、被保険者負担分のみ免除される。
2.事業主が申出を行った場合、事業主負担分のみ免除される。
3.事業主が申出を行った場合、被保険者負担分および事業主負担分が免除される。

3が正しい

被保険者負担分、事業主負担分ともに免除されます。

おなじような形で育児休業等期間中も事業主の申し出により被保険者、事業主負担ともに免除されます。

michi

解説は以上で終了です。お疲れ様でした。

解説終了

問1へ戻る

 

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072