FP3級【日本FP協会実技】2021年5月【問11】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年5月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.11

長谷川さんは、自宅として所有している土地と建物を2021年中に譲渡する予定である。長谷川さんの土地と建物の譲渡に係る所得税の計算に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

2021年5月実施FP3級実技試験第11問の資料

1.(ア)譲渡 (イ)総合 (ウ)必要経費
2.(ア)不動産 (イ)総合 (ウ)必要経費
3.(ア)譲渡 (イ)分離 (ウ)譲渡費用

3が正しい

(ア)譲渡 (イ)分離 (ウ)譲渡費用が適切です。

 

(ア)(イ)の補足

土地、建物の譲渡は譲渡所得として申告分離課税の対象です。

所得税の種類

所得 課税方式
利子所得 源泉分離課税(税法上は総合課税)
上場株式等の配当所得 総合課税、申告分離課税、申告不要のいずれか
配当所得 総合課税
不動産所得
事業所得
給与所得
退職所得 申告分離課税
譲渡所得(土地、建物、株式以外) 総合課税
譲渡所得(土地、建物、株式) 申告分離課税
山林所得 申告分離課税
一時所得 総合課税
雑所得 総合課税
(ウ)の補足

譲渡所得の計算式は下記です。

 

譲渡所得=譲渡価額-取得費-譲渡費用

 

譲渡所得の計算

取得費
  • 購入代金
  • 購入時の仲介手数料
  • 登録免許税
  • 不動産取得税など
譲渡費用
  • 譲渡時の仲介手数料
  • 建物解体費用
  • 立ち退き料など

問12へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072