FP3級【日本FP協会実技】2021年5月【問10】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年5月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.10

西里さんは、2020年7月に新築のアパートを購入し、新たに不動産賃貸業を開始した。購入したアパートの建物部分の情報は下記<資料>のとおりである。西里さんの2020年分の所得税における不動産所得の金額の計算上、必要経費に算入する減価償却費の金額として、正しいものはどれか。

2021年5月実施FP3級実技試験第10問の資料

1. 825,000円
2. 1,612,500円
3. 1,650,000円

1が正しい

825,000円が適切です。

 

今回のポイントは下記です。

  1. 定額法と定率法の違い
  2. 1年の減価償却費
  3. 6か月分の計算

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

今回は定額法を利用します。

 

建物はそもそも定率法では計算できません。

定率法にできないもの

  • 建物
  • 建物付属設備(電気、水道の設備、エレベーター等)
  • 構築物(駐車場のアスファルト等

 

【ポイント2】

1年分の減価償却費は1,650,000円です。

 

資料から分かることは下記です。

取得金額 75,000,000円
耐用年数47年の定額法の償却率 0.022

 

よって1年の減価償却費は下記になります。

 

75,000,000円×0.022=1,650,000円

 

【ポイント3】

今回の答えは825,000円です。

 

所得税の計算期間はその年の1月から12月までです。

 

資料よりじっさいに運営したのは7.8.9.10.11.12月の6か月間と分かります。

 

よって2から1か月分の減価償却費を求めます。

 

1,650,000÷12か月=137,500円

 

そして設問は6か月分を問うているので答えは下記になります。

 

137,500円×6か月=825,000円

半分終わりましたので、一度休憩してくださいね。

続きます。

問11へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072