FP3級【日本FP協会実技】2021年5月【問4】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年5月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.4

下記<資料>は、HXファンドの販売用資料(一部抜粋)である。この投資信託に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

2021年5月実施FP3級実技試験第4問の資料

1.HXファンドは、国内および海外の資産を投資対象としている。
2.HXファンドは、NISA(少額投資非課税制度)口座で購入することはできない。
3.HXファンドを購入する際、投資家が支払う購入代金は「基準価額(1万口当たり)÷1万口×購入口数+購入時手数料(税込)+運用管理費用(税込)」である。

1が適切

1の補足

1は適切です。

 

資料より『内外』の記載があるため、国内および海外を投資対象としていることが分かります。

2の補足

2は不適切です。

 

本資料においてNISA口座での購入は可能です。

NISAとは

一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
対象者 国内在住の20歳以上の人 国内在住の0歳~19歳
対象商品 上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

低リスクで安定性が高い、公募株式投資信託

ETF

上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

金融機関の変更 不可
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円 年間80万円
非課税期間 最長5年間 最長20年間 最長5年間
非課税枠の繰越 不可
3の補足

3は不適切です。

 

購入時の計算式は下記です。

 

基準価額(1万口当たり)÷1万口×購入口数+購入時手数料(税込)

 

運営管理費用は日々差し引かれていくものなので、購入時には発生しません。

 

投資信託のおもな費用

購入時手数料 購入時に発生
運用管理費用(信託報酬) 日々発生
監査報酬 決算ごとに発生
売買委託手数料 投資信託が投資する株式などを売買時に発生
信託財産留保額 中途換金時に発生

問5へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072