FP3級【日本FP協会実技】2021年5月【問14】

本記事の内容

FP3級実技試験『2021年5月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.14

下記<資料>の宅地の借地権(普通借地権)について、路線価方式による相続税評価額として、正しいものはどれか。なお、奥行価格補正率は1.0とし、記載のない条件については一切考慮しないこととする。

2021年5月実施FP3級実技試験第14問の資料

1. 18,900千円
2. 44,100千円
3. 63,000千円

2が正しい

44,100千円が適切です。

 

宅地が1つの道路にのみ面している場合の、路線価方式による相続税評価額の計算式は下記です。

 

路線価×奥行価格補正率×土地の面積

 

資料より下記が分かります。

路線価 210C
奥行価格補正率 1.0
土地の面積 300㎡

 

路線価の210Cの意味をかみ砕くと下記になります。

210 1㎡あたりの価格が210千円
C 借地権割合が70%

 

よって210×70%=147千円が本設問の路線価と分かります。

 

最終的な計算式は下記です。

 

147千円×1.0×300=44,100円が相続税評価額です。

問15へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072