FP2級【きんざい:損保顧客資産】2021年9月【問3】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験【損保顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.3

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】損保顧客資産相談業務問3の資料

最後に、Mさんは、Aさんに対して、Aさんが65歳以後に受給することができる公的年金制度からの老齢給付の額について説明した。Aさんが、原則として65歳から受給することができる老齢基礎年金および老齢厚生年金の年金額(2021年度価額)を計算した次の<計算の手順>の空欄①~④に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、計算にあたっては、《設例》の<Aさんに関する資料>および下記の<資料>に基づくこと。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】損保顧客資産相談業務問3の資料②

①→728,840(円)

②→1,261,926(円)

③→52,600(円)

④→1,314,526(円)

①の補足

  • 728,840(円)

資料より今回は免除期間がないため、有効なのは保険料納付月数のみです。

よって老齢基礎年金の計算式は下記になります。

780,900円×448/480=728,840円


②の補足

  • 1,261,926(円)

報酬比例部分のポイントは下記です。

  • 報酬比例部分には期間の上限が無い

よって加入期間そのままの月が算入されます。

a部分 250,000円×7.125/1,000×216月=461,700円
b部分 500,000円×5.481×1,000×292月=800,226円

合計し『461,700円+800,226円=1,291,629円』が報酬比例部分の金額となります。


③の補足

  • 52,600(円)

次は経過的加算額です。

経過的加算額とは旧法から現行法に変わった際に老齢基礎年金額部分が減ってしまったため、その差額を埋めるために作られた仕組みです。

つまり下記の計算式が成り立ちます。

定額部分(旧法における厚生年金の老齢基礎年金部分のこと)=現行法における老齢基礎年金部分+経過的加算額

経過的加算額のポイントは下記です。

  1. 生年月日に応じて被保険者期間の月数に上限がある
  2. 20歳未満、60歳以上の老齢厚生年金の被保険者期間が有効
  3. 経過的加算額は老齢基礎年金に上乗せされるのではなく、老齢厚生年金に上乗せされる

Aさんは1962年(昭和37)生まれのため被保険者月数の上限は480月です。

生年月日 上限月数
昭和9年4月2日~昭和19年4月1日生まれ 444月
昭和19年4月2日~昭和20年4月1日生まれ 456月
昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生まれ 468月
昭和21年4月2日以降生まれ 480月
michi
michi

FP2級試験ではほぼ480月の場合が多いです。

また60歳以降の加入期間も有効になるため、上限の480月として計算できます。

よってAさんの経過的加算額は下記になります。

1,628円×480月-780,900円×448/480=52,600円


④の補足

  • 1,314,526(円)

すべて合計し『461,700円+800,226円+52,6009円=1,314,526円』が受給できる老齢厚生年金となります。

michi
michi

ちなみに加給年金はAさんが単身者の時点で支給されないことが分かります。


加給年金の要件

下記要件1.2.3をすべて満たす必要があります。

要件1

厚生年金の被保険者期間20年以上の人において

  • 特別支給の老齢厚生年金の定額部分が支給されるとき
  • または65歳になり老齢厚生年金が支給されるとき

要件2

  • 生計を維持されている65歳未満の配偶者がいる
  • または18歳到達年度末までの子どもがいる
  • または1級、2級の障害状態にある20歳未満の子供がいる

要件3

  • 加給年金対象者(この場合配偶者か子)の前年収入が850万円未満、または所得が655万5千円未満であること。

問4へ

FP2級試験(実技)損保顧客資産相談業務2021年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001