FP2級【きんざい:損保顧客資産】2021年9月【問8】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験【損保顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.8

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】損保顧客資産相談業務問8の資料

労働災害総合保険の一般的な商品性に関する次の記述①~④について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「労働災害総合保険は、労働者災害補償保険(政府労災保険)等の上乗せ補償を目的とした『法定外補償保険』と、労働災害により使用者が法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害を補償する『使用者賠償責任保険』の2つの補償から構成されており、いずれか一方のみに加入することも可能です」
  2. 「労働災害総合保険の補償の対象となる被用者は、事業主に使用される常用雇用労働者であり、有期契約労働者や短時間労働者を対象に含めることはできません」
  3. 「法定外補償保険の保険金額の設定は、定額で保険金額を定める定額方式と1日当たりの平均賃金に対する日数で保険金額を定める定率方式のいずれかを選択します。定額方式と定率方式の組合せにより保険金額を設定することはできません」
  4. 「労働災害総合保険は、労働者災害補償保険(政府労災保険)の認定の有無にかかわらず、損害保険会社所定の認定基準を満たすことで、保険金が支払われます」

①→○

②→×

③→×

④→×

①の補足

  • 「労働災害総合保険は、労働者災害補償保険(政府労災保険)等の上乗せ補償を目的とした『法定外補償保険』と、労働災害により使用者が法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害を補償する『使用者賠償責任保険』の2つの補償から構成されており、いずれか一方のみに加入することも可能です」

適切です。


②の補足

  • 「労働災害総合保険の補償の対象となる被用者は、事業主に使用される常用雇用労働者であり、有期契約労働者や短時間労働者を対象に含めることはできません」

不適切です。

有契約労働者、短時間労働者(パートタイマー)も対象です。


③の補足

  • 「法定外補償保険の保険金額の設定は、定額で保険金額を定める定額方式と1日当たりの平均賃金に対する日数で保険金額を定める定率方式のいずれかを選択します。定額方式と定率方式の組合せにより保険金額を設定することはできません」

不適切です。

組み合わせによっても保険金額を設定できます。

  • 定額方式→金額で決める方式
  • 定率方式→死亡、後遺障害補償金を『1日当たりの平均賃金×日数』、休業補償保険金hを『平均賃金に対する割合』で決める方式

④の補足

  • 「労働災害総合保険は、労働者災害補償保険(政府労災保険)の認定の有無にかかわらず、損害保険会社所定の認定基準を満たすことで、保険金が支払われます」

不適切です。

政府の労災認定が必要です。

問9へ

FP2級試験(実技)損保顧客資産相談業務2021年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001