FP2級【きんざい:損保顧客資産】2021年9月【問9】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験【損保顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.9

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】損保顧客資産相談業務問9の資料

労働災害総合保険の保険料に関する以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句を、下記の〈語句群〉のなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

「保険期間が1年の労働災害総合保険の保険料は、一般に、契約時に保険期間中の平均被用者数または( ① )の見込額に基づき算出された暫定保険料を支払うことになり、その( ② )。保険期間満了時には暫定保険料と実際の数値に基づき算出された確定保険料の精算が必要となり、暫定保険料が確定保険料を上回り返金を受けた場合、暫定保険料と確定保険料の差額を( ③ )として経理処理します」

2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】損保顧客資産相談業務問9の資料②

①→ハ

②→ヘ

③→ト

①、②の補足

  • 「保険期間が1年の労働災害総合保険の保険料は、一般に、契約時に保険期間中の平均被用者数または( 賃金総額 )の見込額に基づき算出された暫定保険料を支払うことになり、その( 全額を損金の額に算入することができます )。
michi
michi

法人が契約者で、従業員のために負担する保険料は全額損金扱いが一般的です。


③の補足

  • 保険期間満了時には暫定保険料と実際の数値に基づき算出された確定保険料の精算が必要となり、暫定保険料が確定保険料を上回り返金を受けた場合、暫定保険料と確定保険料の差額を( 雑収入 )として経理処理します。
michi
michi

そもそも暫定保険料は全額損金として計上しているため、暫定保険料>確定保険料だった場合はその差額分を資産計上しなければならないということです。

問10へ

FP2級試験(実技)損保顧客資産相談業務2021年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001