FP3級【きんざい:保険顧客】2019年5月【問11】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.11

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2019年5月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務10の資料

Aさんの2018年分の所得税における所得控除に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

ⅰ)Aさんは、長男Cさんが負担すべき国民年金の保険料を支払っている。その保険料は、Aさんの社会保険料控除の対象と( ① )。
ⅱ)Aさんが適用を受けることができる配偶者控除の控除額は、( ② )である。
ⅲ)Aさんが適用を受けることができる扶養控除の控除額は、( ③ )である。

1) ① ならない ② 26万円 ③ 101万円
2) ① なる ② 26万円 ③ 63万円
3) ① なる ② 38万円 ③ 101万円

2019年5月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問11の資料

3が適切

『ⅰ』と『ⅲ』が正確に分かっているかがポイントです。

よほど知識がある人でない限りは、本設問の資料のみで『ⅱ』は答えらえません。

資料から長男Cさんが20歳長女Dさんが17歳と分かるので

63万円+38万円=101万円が答えです。

扶養控除の額

年齢 控除額 区分
0歳以上16歳未満 なし
16歳以上19歳未満 38万円 通常の扶養親族
19歳以上23歳未満 63万円 特定扶養親族
23歳以上70歳未満 38万円 通常の扶養親族
70歳以上で同居 58万円 老人扶養親族
70歳以上で同居以外 48万円 老人扶養親族

扶養控除額は試験によく出るのでしっかり覚えてくださいね。

michi

そもそも配偶者の控除金額を求めるには、居住者の所得の合計を知る必要があります。

所得とは収入から控除金額、経費等を引いた金額です。

 

まず資料から居住者の収入

  1. Aさんの給与収入
  2. Aさんの満期保険金、解約返戻金

と分かります。

控除金額、経費

  1. 給与の控除
  2. 支払った保険料、一時所得の特別控除

ですね。

上記から所得を求める

  1. 980万円ー(980万円×10%+120万円)=762万円(給与所得)
  2. (1,100万円+490万円)-(1,000万円+420万円)-50万円=120万円(一時所得)
  3. 762万円+120万円×1/2=822万(居住者の合計所得)

よって資料を見ると38万円が配偶者控除額と分かります。

 

下記でくわしく説明いたしますね。

Aさんの給与所得

問12の資料から

980万円ー(980万円×10%+120万円)=762万円がAさんの給与所得です。

980万円(給与収入)-控除金額=給与所得なんですが

分かる資料が問12にあるという気づきが求められる問題です。

なのでこの時点で配偶者控除の資料を見たところで、給与所得控除の速算表があたまに入っていないと何も分からないかなと。。

michi

満期保険金、解約返戻金

これらは一時所得でして総合課税されるので

(満期保険金額+解約返戻金)-(一時払い保険料ー正味払込保険料)-特別控除額で計算します。

よって

(1,100万円+490万円)-(1,000万円+420万円)-50万円=120万円が一時所得と分かります。

居住者の合計所得

一時所得は他の所得と合算する時は2分の1になるので

762万円+120万円×1/2=822万円になります。

これを資料に当てはめると配偶者控除額が38万円と分かります。

問12へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2019年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001