FP3級【きんざい:保険顧客】2020年9月【問6】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。

Q.6

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問6の資料

最後に、Mさんは、Aさんが提案を受けた生命保険の課税関係について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

1) 「当該生命保険の支払保険料は、介護医療保険料控除の対象となります。介護医療保険料控除の控除限度額は、所得税で40,000円、住民税で28,000円です」
2) 「Aさんが当該生命保険から介護終身年金を受け取った場合、年金額が20万円を超えますので、Aさんは所得税の確定申告をしなければなりません」
3) 「Aさんが介護一時金を請求できない特別な事情がある場合、指定代理請求人である妻BさんがAさんに代わって請求することができます。妻Bさんが受け取る当該一時金は、一時所得として総合課税の対象となります」

1が適切

1の補足

適切です。

生命保険料控除の最大額は所得税40,000円、住民税28,000円です。

生命保険料控除の控除額の違い

契約時期 所得税(最大) 住民税(最大)
新タイプ(平成24年1月1日以降に契約) 40,000円 28,000円
旧タイプ(平成23年12月31日までに契約) 50,000円 35,000円
2、3の補足

不適切です。

介護保険金は非課税です。

 

※厳密に言うと受取人が被保険者および被保険者の配偶者、直系血族ならびに被保険者と生計を一にする親族の場合が非課税。

 

よって2,3ともに非課税となります。

非課税になるおもな給付金

  • 入金給付金
  • 手術給付金
  • 通院給付金
  • がん診断給付金
  • 特定疾病保険金
  • リビング・ニーズ特約保険金
  • 介護保険金

一度休憩しましょう。

休憩中

続きです。

問7へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2020年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001