FP3級【きんざい:保険顧客】2019年5月【問4】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.4

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2019年5月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問4の資料

はじめに、Mさんは、現時点の必要保障額を試算することにした。下記の<算式>および<条件>に基づき、Aさんが現時点で死亡した場合の必要保障額は、次のうちどれか。

1) 4,610万円
2) 6,010万円
3) 10,110万円

2019年5月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問4の資料②

1が適切

条件から1,2,3,4が遺族に必要な生活資金等の総額

6,7が遺族の収入見込み額と分かります。

長女Cさんが独立するまでの生活費

生活費は25万円の70%かかるので

25万円×0.7=17.5万円が月額生活費です。

さらに

17.5万円×12か月で210万円が年額と分かります。

独立するまでは21年あるので

210万円×21年=4,410万円必要です。

長女Cさんが独立後の妻Bさんの生活費

独立後は妻Bさんひとりになるため、25万円の50%の生活費でオッケーです。

25万円×0.5=12.5万円が月額ですね。

さらに12.5万円×12か月で1年の生活費が150万円と分かります。

平均寿命は38年と書かれているので

150万円×38年=5,700万円が必要です。

よって遺族に必要な生活資金等の総額

4,410万円+5,700万円+1,500万円+500万円=1億2,110万円です。

 

逆に受け取れるお金が1,400万円+6,100万円=7,500万円あるので

1億2,110万円-7,500万円=4,610万円が必要保証額となり

1が適切です。

一見難しそうに見えますが、文をよく読むと簡単なのであせらないでくださいね。

michi

問5へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2019年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001