FP3級の過去問題の解説【実技:個人資産】きんざい2019年5月

本記事の内容
『2019年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】
学科試験はコチラ。
きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務はコチラ。
日本FP協会実技試験はコチラ。
記事の信頼性

FP(ファイナンシャルプランナー)試験の過去問解説を1年以上継続中。

毎日勉強しているので最新の情報をお届けしています。

Twitter:@michi_fptest←解説のご質問も受付中です。

2級FP技能士michi(みち)です。

Q.1

3択問題です。

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3.で使います)

2019年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問1の資料

はじめに、Mさんは、Aさんが65歳までに受給することができる公的年金制度からの老齢給付について説明した。Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

2019年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問1
  1. ① 25 ② 10 ③ 60
  2. ① 10 ② 10 ③ 62
  3. ① 10 ② 1 ③ 64

3が適切

1の補足
  • 「老齢厚生年金の支給開始年齢は原則として65歳ですが、経過的措置として、老齢基礎年金の受給資格期間( 10 )年を満たし、

2の補足
  • かつ、厚生年金保険の被保険者期間が( 1 )年以上あることなどの所定の要件を満たしている方は、65歳到達前に特別支給の老齢厚生年金を受け取ることができます。

老齢厚生年金の受給要件

老齢基礎年金の受給要件を満たしたうえ

  加入期間 受給開始年齢
老齢厚生年金 1ヶ月以上 65歳
特別支給の老齢厚生年金 1年以上 60歳~64歳

3の補足
  • 1959年9月生まれのAさんは、原則として、( 64 )歳から報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金を受け取ることができます」

特別支給の老齢厚生年金受給開始年齢

報酬比例部分
男性
女性
  • 1953年4月1日まで 60歳
  • 1953年4月2日~1955年4月1日 61歳
  • 1955年4月2日~1957年4月1日 62歳
  • 1957年4月2日~1959年4月1日 63歳
  • 1959年4月2日~1961年4月1日 64歳
  • 1961年4月2日以降 もらえない
  • 1958年4月1日まで 60歳
  • 1958年4月2日~1960年4月1日 61歳
  • 1960年4月2日~1962年4月1日 62歳
  • 1962年4月2日~1964年4月1日 63歳
  • 1964年4月2日~1966年4月1日 64歳
  • 1966年4月2日以降 もらえない
michi
michi

丸ごと覚えるのは大変なので、『1961年4月1以降はもらえない』を基準にして2年ごとに遡っていけば把握できます。女性はプラス5年で考えます。

問2へ

Q1Q2Q3Q4Q5
Q6Q7Q8Q9Q10
Q11Q12Q13Q14Q15

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2019年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001