FP3級【きんざい:保険顧客】2019年9月【問3】

本記事の内容

『2019年9月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.3

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2019年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問1の資料

最後に、Mさんは、国民年金の付加保険料について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

1) 「国民年金の定額保険料に加えて、月額400円の付加保険料を納付した場合、老齢基礎年金の受給時に付加年金を受給することができます」
2) 「仮に、Aさんが付加保険料を120月納付し、65歳から老齢基礎年金を受け取る場合、老齢基礎年金の額に付加年金として48,000円が上乗せされます」
3) 「Aさんが国民年金基金に加入した場合、Aさんは国民年金の付加保険料を納付することはできません」

2が不適切

付加年金
  • 国民年金保険料の未納者、免除者は加入できない
  • 国民年基金に加入者は同時に加入できない
  • 全額社会保険料控除の対象

月額400円の付加保険料に対して、65歳以降ひとつき200円の付加年金を受給できます。

120月納付【48,000円】と仮定して

  1. 65歳→24,000円(65歳)-48,000円(付加保険料)=ー24,000円
  2. 66歳→24,000円(65歳)+24,000円(66歳)ー48,000円(付加保険料)=0円
  3. 67歳→24,000円(65歳)+24,000円(66歳)+24,000円(67歳)ー48,000円(付加保険料)=24,000円

つまり67歳以降からすべて儲けになります。

第1号被保険者は国民年金基金か付加年金に入っておいた方が良いです!

michi

問4へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2019年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001