FP3級【きんざい:保険顧客】2020年9月【問5】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。

Q.5

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問5の資料

次に、Mさんは、生命保険の見直しについて説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

1) 「Aさんが要介護状態となり働けなくなった場合、Aさんの収入の減少が想定されます。介護費用がかさみ、支出が収入を上回る可能性もありますので、一定額の介護年金および介護一時金を確保することは検討に値します」
2) 「現在加入している定期保険特約の保険金額を減額し、提案を受けた生命保険に加入することも検討事項の1つです。現時点でのAさんの必要保障額を算出し、適正な死亡保険金額を把握しましょう」
3) 「契約転換制度を活用して現在加入している定期保険特約付終身保険を転換し、介護保障を準備することも検討事項の1つです。転換後契約の保険料は転換前契約の加入時の年齢により算出されるため、新規に加入する場合と比較し、保険料負担を抑えることができます」

3が不適切

1.2の補足

適切です。

というか1、2は見直しについてのみの説明なので、そりゃそうでしょということにしかならないです。

michi

3の補足

不適切です。

契約転換制度は転換時の年齢にて改めて保険料を算出します。

 

ちなみに保険料が安くなる理由は、もともとの契約の責任準備金や積立配当金を新しい契約の保険料に充てるからです。

問6へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2020年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001