FP3級【きんざい:保険顧客】2020年9月【問2】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。

Q.2

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問2の資料

次に、Mさんは、老後の年金収入を増やすための各種方法について説明した。Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

ⅰ)『小規模企業共済制度』
「小規模企業共済制度は、個人事業主が廃業等をした場合に必要となる資金を準備しておくための制度です。共済金(死亡事由以外)の受取方法には『一括受取り』『分割受取り』『一括受取り・分割受取りの併用』がありますが、このうち、『一括受取り』の共済金(死亡事由以外)は、税法上、( ① )として課税の対象となります」
ⅱ)『付加保険料』
「Aさんは、所定の手続により、国民年金の定額保険料に加えて、月額400円の付加保険料を納付することができます。仮に、Aさんが付加保険料を120月納付し、65歳から老齢基礎年金を受け取る場合、老齢基礎年金の額に付加年金として( ② )が上乗せされます」
ⅲ)『国民年金基金』
「国民年金基金は、老齢基礎年金に上乗せする年金を支給する任意加入の年金制度です。国民年金基金に拠出することができる掛金の限度額は、原則として、月額( ③ )となります。なお、国民年金基金の加入員は、国民年金の付加保険料を納付することができません」

1) ① 一時所得 ② 48,000円 ③ 68,000円
2) ① 退職所得 ② 24,000円 ③ 68,000円
3) ① 退職所得 ② 48,000円 ③ 70,000円

2が適切

①の補足

一括受け取りの場合税法上の扱いは退職所得となります。

小規模企業共済制度とは

掛金(月々) 1,000円~70,000円
控除 小規模企業共済等掛金控除(全額)
受け取り方法(一括) 退職所得
受け取り方法(分割) 雑所得
②の補足

24,000円が適切です。

 

付加年金は200円×付加保険料納付期間で計算できます。

よって200円×120月=24,000円です。

付加年金とは

付加年金 200円×付加保険料納付期間(月数)
保険料 1か月400円
対象者 第1号被保険者のみ
③の補足

国民年金基金の掛け金の限度額は月額68,000円です。

国民年金基金とは

掛金(月々) 68,000円まで
控除 社会保険料控除(全額)
受け取り方法(遺族一時金) 非課税
受け取り方法(年金) 雑所得

問3へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2020年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001