FP3級【きんざい:保険顧客】2020年9月【問9】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。

Q.9

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問9の資料

X社が現在加入している《設例》の長期平準定期保険を下記<条件>にて解約した場合の経理処理(仕訳)として、次のうち最も適切なものはどれか。

<条件>
・X社が解約時までに支払った保険料の累計額は、4,400万円である。
・解約返戻金の額は、4,000万円である。
・配当等、上記以外の条件は考慮しないものとする。

2020年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問9の資料②

1が適切

借方 貸方
預金・現金 4,000万円 前払保険料 2,200万円
雑収入 1,800万円

上記が適切です。

 

今回のポイントは下記。

  1. 借方、貸方の意味とは
  2. 前払い保険料の資産計上額
  3. 経理処理の内訳

 

順にみていきましょう。

 

【ポイント1】

借方、貸方の意味を端的に表すと下記です。

 

  • 借方→どのようなもの(名目)になっているのか?
  • 貸方→どこから来たものなのか?(借方の原資)

 

つまり1を例に出すと

現金・預金4,000万円は前払保険料2,200万円と雑収入1,800万円から来たものですよ

という意味です。

 

 

【ポイント2】

ちなみに問8で説明しましたように法改正前の契約において、長期平準定期保険の保険料は『保険期間の60%においてその半分の額を資産計上する』とあります。

※設問では期間が無視されていますが何故かは分かりません。

 

 

よって4,400万円÷2=2,200万円がX社の前払保険料の資産計上額です。

借方 貸方
前払保険料 2,200万円 現金・預金 4,400万円
支払保険料 2,200万円

 

こんな感じになります。

なぜ借方を2つに分けるのかというと前払保険料を資産計上、それ以外を損金算入するためですね。

michi

 

 

【ポイント3】

設問は解約返戻金の内訳を問うています。

 

よって【ポイント1.2】を踏まえ、解約返戻金4,000万円はどこから来たのかというと

 

  • もともとの資産である前払保険料2,200万円
  • 保険期間の継続等により増えた金額(雑収入)1,800万円

 

上記2つを合わせた4,000万円ということが分かります。

 

よって1が適切となります。

問10へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2020年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001