FP3級【きんざい:保険顧客】2021年9月【問2】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.2

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2021年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問2の資料

次に、Mさんは、老齢基礎年金の繰上げ支給および繰下げ支給について説明した。
Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

2021年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問2の資料②
  1. ① 65 ② 30 ③ しなければなりません
  2. ① 66 ② 30 ③ するかどうか選択することができます
  3. ① 66 ② 42 ③ しなければなりません

3が適切

①の補足

  • Aさんが( 66 )歳に達する前に老齢基礎年金の請求をしなかった場合、Aさんは( 66 )歳に達した日以後の希望するときから、老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をすることができます。
請求をできる年齢 66歳~70歳
計算期間 65歳~70歳
michi
michi

つまり66歳0カ月で請求した時点で1年分の繰り下げがあるということです。


②の補足

  • 仮に、Aさんが70歳0カ月で老齢基礎年金の繰下げ支給の申出をした場合、年金の増額率は( ② )%となります。

設問の場合繰り下げ期間は65歳から70歳までの5年間なので計算式は下記になります。

0.7%×12か月×5年=42%

年金の繰り上げ受給、繰り下げ受給の比較

  繰り上げ受給 繰り下げ受給
対象年齢 60歳から65歳になるまでの5年間 65歳から70歳になるまでの5年間
受給額の変化 ひと月につき0.5%減額(最大30%) ひと月につき0.7%増額(最大42%)
条件 基礎年金、厚生年金同時が必須 基礎年金、厚生年金と別々が可能

3の補足

  • 仮に、Aさんが老齢基礎年金の繰上げ支給の請求をする場合、その請求と同時に老齢厚生年金の繰上げ支給の請求を( しなければなりません

前述の表で分かるように繰り上げ受給の場合は老齢厚生年金も同時にやらなければなりません。

michi
michi

繰り下げは別々に可能です。

問3へ

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2021年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001