FP3級【きんざい:保険顧客】2021年9月【問9】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.9

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2021年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問9の資料

Mさんは《設例》の定期保険について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

  1. 「契約者貸付制度を利用する場合、当該制度により借り入れることができる金額は、利用時点での既払込保険料相当額が限度となります」
  2. 「Aさんが死亡した場合にX社が受け取る死亡保険金は、借入金の返済等の事業資金として活用することができます」
  3. 「当該定期保険を払済終身保険に変更する場合、商品内容が変更されるため、Aさんは改めて健康状態等についての告知をする必要があります」

2が適切

1の補足

  • 「契約者貸付制度を利用する場合、当該制度により借り入れることができる金額は、利用時点での既払込保険料相当額が限度となります」

不適切です。

既払込保険料ではなく解約返戻金相当額が限度です。

契約者貸付制度とは

  • 解約返戻金をもとに借入額を算出する
  • 保険を継続したまま借り入れができる
  • 借り入れに審査がない
  • 借りたまま満期を迎えると、満期保険金から差し引かれる
  • 借入総額が解約返戻金を上回ると保険が失効する

2の補足

  • 「Aさんが死亡した場合にX社が受け取る死亡保険金は、借入金の返済等の事業資金として活用することができます」

適切です。

使用目的は特に問われません。


3の補足

  • 「当該定期保険を払済終身保険に変更する場合、商品内容が変更されるため、Aさんは改めて健康状態等についての告知をする必要があります

不適切です。

変更時に告知は不要です。

michi
michi

ただし変更した後に元に戻したい場合(復旧)は告知が必要になります。

問10へ

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2021年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001