FP3級【きんざい:保険顧客】2021年9月【問3】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.3

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2021年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問3の資料

最後に、Mさんは、Aさんおよび妻Bさんが受給することができる公的年金制度からの老齢給付について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

  1. 「Aさんには国民年金の未加入期間がありますが、60歳から65歳になるまでの間、その未加入期間に相当する月数について、国民年金に任意加入して保険料を納付した場合、老齢基礎年金の年金額を増額することができます」
  2. 「Aさんが65歳から受給することができる老齢厚生年金の額には、配偶者の加給年金額が加算されます」
  3. 「妻Bさんは、原則として64歳から報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金を受給することができます」

1が適切

1の補足

  • 「Aさんには国民年金の未加入期間がありますが、60歳から65歳になるまでの間、その未加入期間に相当する月数について、国民年金に任意加入して保険料を納付した場合、老齢基礎年金の年金額を増額することができます」

適切です。

最大で60歳~65歳の60月分増やせます(納付月間は480月が上限)

国民年金任意加入制度の条件

下記の1~5をすべて満たす人が対象です。

  1. 日本国内に住所を有する60歳以上65歳未満の人
  2. 老齢基礎年金の繰り上げ支給を受けていない人
  3. 20歳以上60歳未満までの保険料納付月数が480月未満の人
  4. 厚生年金保険に加入していない人(任意加入制度を利用するときに)
  5. 日本国籍を有しない人の場合は在留資格が『特定活動(医療滞在)』や『特定活動(観光等を目的とするロングステイ)』で滞在する人ではない
michi
michi

他にも65歳~70歳未満の人が加入できる特例任意加入制度があります。


2の補足

  • 「Aさんが65歳から受給することができる老齢厚生年金の額には、配偶者の加給年金額が加算されます」

不適切です。

資料よりAさんの厚生年金被保険者期間が20年未満のため、加入年金は加算されません。

加給年金の要件

下記要件1.2.3をすべて満たす必要があります。

要件1

厚生年金の被保険者期間が20年以上で、特別支給の老齢厚生年金の定額部分が支給されたとき

要件2

定額部分が支給されないときは被保険者が65歳になり老齢厚生年金が支給されるときに

  • 生計を維持されている65歳未満の配偶者がいる
  • または18歳到達年度末までの子どもがいる
  • または1級、2級の障害状態にある20歳未満の子供がいる

要件3

  • 加給年金対象者(この場合配偶者か子)の前年収入が850万円未満、または所得が655万5千円未満であること。

3の補足

  • 「妻Bさんは、原則として64歳から報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金を受給することができます」

不適切です。

妻Bさんの誕生日の場合、特別支給の老齢厚生年金を受け取れません。

特別支給の老齢厚生年金受給開始年齢

報酬比例部分

男性
女性
  • S28年4月1日まで 60歳
  • S28年4月2日~30年4月1日 61歳
  • S30年4月2日~32年4月1日 62歳
  • S32年4月2日~34年4月1日 63歳
  • S34年4月2日~36年4月1日 64歳
  • S36年4月2日以降 もらえない
  • S33年4月1日まで 60歳
  • S33年4月2日~35年4月1日 61歳
  • S35年4月2日~37年4月1日 62歳
  • S37年4月2日~39年4月1日 63歳
  • S39年4月2日~41年4月1日 64歳
  • S41年4月2日以降 もらえない

定額部分

男性
女性
  • S16年4月1日以前 60歳
  • S16年4月2日~18年4月1日 61歳
  • S18年4月2日~20年4月1日 62歳
  • S20年4月2日~22年4月1日 63歳
  • S22年4月2日~24年4月1日 64歳
  • S24年4月2日以降 もらえない
  • S21年4月1日まで 60歳
  • S21年4月2日~23年4月1日 61歳
  • S23年4月2日~25年4月1日 62歳
  • S25年4月2日~27年4月1日 63歳
  • S27年4月2日~29年4月1日 64歳
  • S29年4月2日以降 もらえない

問4へ

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2021年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001