FP3級の過去問題の解説【実技試験】日本FP協会2021年9月

本記事の内容
『2021年9月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

学科試験はコチラから。
きんざい実技試験:個人資産相談業務はコチラから。
きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務はコチラから。
michi
michi

よろしくお願いします!

Q.1

3択問題です。

ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。
ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 税理士資格を有していないFPが、無料相談会において、相談者の持参した資料に基づき、相談者が納付すべき所得税額を計算した。
  2. 投資助言・代理業、投資運用業の登録をしていないFPが、顧客が保有する投資信託の運用報告書に基づき、その記載内容について説明した。
  3. 生命保険募集人、生命保険仲立人の登録をしていないFPが、生命保険契約を検討している顧客のライフプランに基づき、必要保障額を具体的に試算した。

1が不適切

1の補足

  • 税理士資格を有していないFPが、無料相談会において、相談者の持参した資料に基づき、相談者が納付すべき所得税額を計算した。

不適切です。

具体的な税務計算はたとえ無料であっても税理士法違反です。

税理士法とFPの関係

  税理士資格が無い場合
具体的な税務相談 ×(無償でも)
税務署類の作成 ×(無償でも)
一般的な税務の説明

2の補足

  • 投資助言・代理業、投資運用業の登録をしていないFPが、顧客が保有する投資信託の運用報告書に基づき、その記載内容について説明した。

適切です。

助言や勧誘でなければ問題ありません。

金融商品取引法とFPの関係

  金融取引業者でない者の場合
投資顧問契約に基づく助言 ×
投資一任契約 ×
一般的な投資の説明

3の補足

  • 生命保険募集人、生命保険仲立人の登録をしていないFPが、生命保険契約を検討している顧客のライフプランに基づき、必要保障額を具体的に試算した。

適切です。

保険の募集や勧誘でなければ問題ありません。

保険業法とFPの関係

  保険募集人の資格が無い場合
保険商品の勧誘 ×
保険商品の販売 ×
一般的な保険の説明

問2へ

FP3級試験(実技)2021年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

許可番号2101F000072