FP3級【日本FP協会実技】2019年9月【問4】

本記事の内容

FP3級実技試験『2019年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.4

下記<資料>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、この企業の株価は13,500円であるものとし、購入時の手数料および税金は考慮しないこととする。

2019年9月実施FP3級実技試験第4問の資料

1.2018年3月期における1株当たりの利益は443.9円である。
2.この企業の株を1単元(1単位)購入するために必要な資金は135万円である。
3.この企業の株を1単元(1単位)保有していた場合、2018年3月期における年間の配当金額(税引前)は5,000円である。」

3が不適切

2の補足
  • 設問に1株当たり13,500円と記載
  • 資料内に単位100株と記載

よって13,500円×100=135万円で2は適切です。

3の補足

1株配

  • 1年の決算期間を通じての配当金

配当金(円)

  • 1回あたりの配当金

年に何回も配当する企業もあるので、上記に違いがでるのが分かりますよね。

michi

問5へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072