FP3級【日本FP協会実技】2020年9月【問5】

本記事の内容

FP3級実技試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.5

下記<資料>の投資信託を30万口購入する場合の購入金額として、正しいものはどれか。なお、解答に当たっては、円未満を切り捨てること。

<資料>

約定日の基準価額(1万口当たり) 13,284円
購入時手数料(税込み) 2.20%
運用管理費用(信託報酬・税込み) 年1.57%

1. 404,776円
2. 407,287円
3. 413,544円

2が適切

407,287円が答えです。

 

本設問のポイントは下記です。

  • コストについて

 

【ポイント】

投資信託におけるコストは下記です。

  • 購入時手数料→購入時のみかかるコスト
  • 運営管理費用→日々の運営にかかるコスト
  • 信託財産留保額→中途解約にかかるコスト

 

よって購入時にかかる費用は『購入時手数料』のみです。

 

ココから計算式は下記になります。

 

  • 1万口の基準価格×口数×購入時手数料

 

よって

13,284円×30×(1+0.022)=407,287円が答えとなります。

問6へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072