FP3級【日本FP協会実技】2020年9月【問4】

本記事の内容

FP3級実技試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.4

会社員の湯本さんは、FPの牧村さんに、NISA(少額投資非課税制度)およびつみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)の特徴や注意点について質問をした。次の牧村さんの回答のうち、最も不適切なものはどれか。

1.「NISAは、上場株式を投資対象とすることができます。」
2.「つみたてNISAは、個人向け国債を投資対象とすることができます。」
3.「NISAやつみたてNISAで売却損が出た場合、一般口座で生じた売却益などと相殺することができないため注意が必要です。」

2が不適切

つみたてNISAは個人向け国債を投資対象にすることはできません。

NISAとは

一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
対象者 国内在住の20歳以上の人 国内在住の0歳~19歳
対象商品 上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

低リスクで安定性が高い、公募株式投資信託

ETF

上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

金融機関の変更 不可
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円 年間80万円
非課税期間 最長5年間 最長20年間 最長5年間
非課税枠の繰越 不可

問5へ

 

続けて2020年9月学科試験を解きたい。

続けて2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

続けて2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072