FP3級【きんざい:保険顧客】2020年9月【問4】

本記事の内容
『2020年9月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.4

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問4の資料

はじめに、Mさんは、公的介護保険(以下、「介護保険」という)について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

  1. 「介護保険の被保険者は、60歳以上の第1号被保険者と40歳以上60歳未満の医療保険加入者である第2号被保険者に区分されます」
  2. 「介護保険の保険給付を受けるためには、市町村(特別区を含む)から要介護認定または要支援認定を受ける必要があります」
  3. 「Aさんのような介護保険の第2号被保険者が、介護サービスの提供を受けた場合、原則として、実際にかかった費用の3割を自己負担する必要があります」

2が適切

1の補足

  • 「介護保険の被保険者は、60歳以上の第1号被保険者と40歳以上60歳未満の医療保険加入者である第2号被保険者に区分されます」

不適切です。

公的介護保険の被保険者は65歳以上の1号被保険者、40歳以上65歳未満の第2号被保険者です。


2の補足

  • 「介護保険の保険給付を受けるためには、市町村(特別区を含む)から要介護認定または要支援認定を受ける必要があります」

適切です。

michi
michi

正誤問題で市町村の部分が『都道府県(知事)』などと問われることが多いので、しっかり覚えましょう。


3の補足

  • 「Aさんのような介護保険の第2号被保険者が、介護サービスの提供を受けた場合、原則として、実際にかかった費用の3割を自己負担する必要があります」

不適切です。

第2号被保険者も原則1割です。

michi
michi

第2号被保険者は所得に関係なく1割負担です。第1号被保険者は所得の状況により自己負担金が1割ではない場合もあります。


公的介護保険とは

  第1号被保険者 第2号被保険者
年齢 65歳以上 40歳以上65歳未満
受給要件 要介護者、要支援者 老化に起因する特定疾病によって要介護者、要支援者になった場合
自己負担 原則1割
認定 市町村の介護認定審査会
要介護度 要支援1.2 要介護1.2.3.4.5の7段階

問5へ