FP2級【きんざい:中小事業主資産】2021年9月【問5】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験【中小事業主資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.5

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2021年9月実施FP2級実技試験【きんざい】中小事業主資産相談業務問5の資料

Mさんは、Aさんに対して、東京証券取引所に上場している日経平均株価に連動するETFの一般的な仕組みについて説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「日経平均株価に連動するETFの基準価額は、日経平均株価の値動きと連動するように運用されるため、その変動率は日経平均株価の変動率と一致し、かい離することはありません」
  2. 「日経平均株価に連動するETFは、証券会社を通じて証券取引所の取引時間中に市場価格で購入することができます。購入にあたっては、指値注文や成行注文が可能で、信用取引もできます」
  3. 「日経平均株価に連動するETFの売買は、金融商品取引法によるインサイダー取引規制の対象となります」

①→×

②→○

③→×

1の補足

  • 「日経平均株価に連動するETFの基準価額は、日経平均株価の値動きと連動するように運用されるため、その変動率は日経平均株価の変動率と一致し、かい離することはありません」

不適切です。

例えば配当落ちによる乖離、分配金の希薄・濃縮化による乖離などで変動率と一致しないことがあります。


2の補足

  • 「日経平均株価に連動するETFは、証券会社を通じて証券取引所の取引時間中に市場価格で購入することができます。購入にあたっては、指値注文や成行注文が可能で、信用取引もできます」

適切です。

michi
michi

株式市場に上場しているので指値、成行注文、信用取引も可能です。


3の補足

  • 「日経平均株価に連動するETFの売買は、金融商品取引法によるインサイダー取引規制の対象となります」

不適切です。

ETFはインサイダー取引規制の対象外です。

インサイダー取引規制の対象は株式のみですか。投資信託やETFもその対象に含まれますか。

インサイダー取引規制の対象は、主なものとして、上場会社についての株式・新株予約権証券・社債のほか、J-REITリ ー ト・上場インフラファンドがあります。


これに対し、ETFや一般に販売されている大部分の投資信託(ただし、いわゆる自社株投信のように、個別の上場会社の株式等のみを投資対象とする株式投資信託を除く。)は、インサイダー取引規制の対象ではありません。

インサイダー取引規制に関するQ&A:金融庁HPより引用
michi
michi

そもそも特定の銘柄に対する投資ではないため、インサイダー取引には馴染まないですね。

問6へ

FP2級試験(実技)中小事業主資産相談業務2021年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001