FP2級【きんざい:中小事業主資産】2021年1月【問8】

本記事の内容
『2021年1月実施』FP2級実技試験【中小事業主資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.8

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2021年1月実施FP2級実技試験【きんざい】中小事業主資産相談業務問8の資料

《設例》の<資料>に基づき、X社の当期の法人税額を計算するための下記の<計算式>の空欄①~③に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

2021年1月実施FP2級実技試験【きんざい】中小事業主資産相談業務問9の資料

①→2,300(万円)

②→15.0(%)

③→468(万円)

①の解説

  • 課税所得金額

2,300万円が適切です。

課税所得金額は下記で求められます。

当期利益の額+益金算入額-益金不算入額-損金算入額+損金不算入額

よって数値を当てはめると課税所得金額は下記になります。

990万円+220万円-30万円-930万円+2,050万円=2,300万円

michi
michi
  • 益金算入額→益金にするもの
  • 益金不算入額→益金にしないもの(損金にするもの)
  • 損金算入額→損金にするもの
  • 損金不算入額→損金にしないもの(益金にするもの)

このような感じでかみ砕くと分かりやすいです。


②、③の解説

  • 法人税額

②→15.0%、③→468万円が適切です。

普通法人の法人税額の計算式は下記です。

資本金 税率
1億円超 23.2%
1億円以下(課税金額が800万円以下の部分) 15%(適用除外事業者は19%)
1億円以下(課税金額が800万円超の部分) 23.2%

つまり資本金1億円以下の中小企業の場合、800万円以下の部分と800万円超の部分で分ける形になります。

よって計算式は下記になります。

800万円×15%+{2,300万円-800万円}×23.2%=468万円

問9へ

FP2級試験(実技)中小事業主資産相談業務2021年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001