FP2級【きんざい:個人資産】2020年9月【問12】

本記事の内容
『2020年9月実施』FP2級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.12

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2020年9月実施FP2級実技試験個人相談業務問12の資料

甲土地と乙土地を一体とした土地(以下、「対象地」という)の有効活用に関する以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句を、下記の〈語句群〉のなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「 対象地の面する道路に付された『300C』『200C』の数値は、1㎡当たりの価額を千円単位で表示した相続税路線価です。数値の後に表示されている『C』の記号(アルファベット)は、借地権割合が( ① )であることを示しています」
  2. 「 正面と側方に路線がある宅地(角地)の価額は、『(正面路線価×奥行価格補正率+側方路線価×奥行価格補正率×( ② ))×地積』の算式により評価します。対象地の場合、正面路線は幅員8m市道になります」
  3. 「Aさんが対象地に賃貸マンションを建設した場合、相続税額の計算上、対象地は貸家建付地として評価されます。仮に、対象地の自用地価額を2億円、借地権割合( ① )、借家権割合30%、賃貸割合100%とした場合、当該土地の相続税評価額は( ③ )となります」
2020年9月実施FP2級実技試験個人相談業務問12の資料②

①→ロ

②→チ

③→ヘ

①の解説

  • 「 対象地の面する道路に付された『300C』『200C』の数値は、1㎡当たりの価額を千円単位で表示した相続税路線価です。数値の後に表示されている『C』の記号(アルファベット)は、借地権割合が( 70% )であることを示しています」

適切です。

路線価図の借地権割合

A 90%
B 80%
C 70%
D 60%
E 50%
F 40%
G 30%

②の解説

  • 「 正面と側方に路線がある宅地(角地)の価額は、『(正面路線価×奥行価格補正率+側方路線価×奥行価格補正率×( 側方路線影響加算率 )×地積』の算式により評価します。対象地の場合、正面路線は幅員8m市道になります」

適切です。

路線価による評価方法

宅地が1つの道路のみに面している 路線価×奥行価格補正率×地積
宅地が角地にある {(正面路線価×奥行価格補正率)+(側方路線価×奥行価格補正率×側方路線影響加算率)}×地積
正面と裏面の道路に面している {(正面路線価×奥行価格補正率)+(裏面路線価×奥行価格補正率二方路線影響加算率)}×地積

※地積→その土地の面積のこと

michi
michi

正面、側面、裏面の基準は『路線価×奥行価格補正率が高い方』が正面になります。


③の解説

  • 「Aさんが対象地に賃貸マンションを建設した場合、相続税額の計算上、対象地は貸家建付地として評価されます。仮に、対象地の自用地価額を2億円、借地権割合( 70% )、借家権割合30%、賃貸割合100%とした場合、当該土地の相続税評価額は( 1億5,800万円 )となります」

貸家建付地の相続税評価額の計算式は下記です。

自用地価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)

よって『2億円×(1-0.7×0.3×1)=1億5,800万円』が賃貸マンションの相続税評価額となります。


宅地の評価方法

利用区分 評価方法
自用地 路線価方式か倍率方式
借地権(普通借地権) 自用地評価額×借地権割合
貸宅地(底地) 自用地評価額×(1-借地権割合)
貸家建付地 自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)
貸家建付借地権 自用地評価額×借地権割合×(1-借家権割合×賃貸割合)

問13へ

FP2級試験(実技)個人資産相談業務2020年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001