FP2級【きんざい:個人資産】2021年1月【問5】

本記事の内容
『2021年1月実施』FP2級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.5

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2021年1月実施FP2級実技試験個人相談業務問5の資料

Mさんは、Aさんに対して、《設例》のデータに基づいて、株式の投資指標等について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「 PBRは、株価(時価総額)が企業の純資産(自己資本)と比べて割高であるか、割安であるかを判断するための指標です。PBRが1倍を下回るX社株式およびY社株式は割安と判断できます」
  2. 「一般に、配当利回りが高いほど、株主に対する利益還元の度合いが高いと考えることができます。Y社株式の配当利回りは50%であり、X社株式の配当利回りを上回ります」
  3. 「一般に、自己資本比率が高いほど、経営の安全性が高いと考えられています。自己資本比率はY社よりもX社のほうが高くなっています」

①→×

②→×

③→○

①の解説

  • 「 PBRは、株価(時価総額)が企業の純資産(自己資本)と比べて割高であるか、割安であるかを判断するための指標です。PBRが1倍を下回るX社株式およびY社株式は割安と判断できます」

不適切です。

X社、Y社ともPBRは1以上になります。

PBR(株価純資産倍率)の求め方は下記です。

株価÷1株当たりの純資産

資料では1株当たりの純資産が分からないため算出します。

X社 550,000円×百万÷5億株=1,100円
Y社 240,000円×百万÷2億株=1,200円

上記より本設問のPBRはそれぞれ下記になります。

X社 1,250÷1,100=1.1363…
Y社 1,354÷1,200=1.1283…

よってPBRはX社、Y社ともに1以上であることが分かります。


②の解説

  • 「一般に、配当利回りが高いほど、株主に対する利益還元の度合いが高いと考えることができます。Y社株式の配当利回りは50%であり、X社株式の配当利回りを上回ります」

不適切です。

X社の配当利回りは3.2%、Y社の配当利回りは約3.7%です。

配当利回りの計算式は下記です。

1株当たりの年間配当金÷株価×100

資料では1株当たりの年間配当金が分からないため算出します。

X社 20,000円×百万÷5億株=40円
Y社 10,000円×百万÷2億株=50円

上記より本設問の配当利回りはそれぞれ下記になります。

X社 40円÷1,250円×100=3.2%
Y社 50円÷1,354円×100=3.69276…%
michi
michi

そもそも配当利回り50%という数値が中々ありえないですね(笑)


③の解説

  • 「一般に、自己資本比率が高いほど、経営の安全性が高いと考えられています。自己資本比率はY社よりもX社のほうが高くなっています」

適切です。

自己資本比率を求める計算式は下記です。

自己資本(純資産)÷総資本(負債+純資産)×100

資料より数値を当てはめます。

X社 550,000÷(370,000+550,000)×100=59.782…%
Y社 240,000÷(480,000+240,000)×100=33.333…%

よってX社の方が自己資本比率が高いことが分かります。

michi
michi

貸借対照表の総資本の部には負債と純資産があります。

  • 負債→銀行からの借り入れなどの他人資本
  • 純資産→資本金や利益剰余金などの自己資本

つまり資金調達において、純資産が多いほど企業が安定していることを意味します。


株式の指標

PER 株価÷1株あたりの純利益
PBR 株価÷1株あたりの純資産
ROE 当期純利益(税引き後純利益)÷自己資本×100
配当利回り 1株あたりの年間配当金÷株価×100
配当性向

配当金総額÷当期純利益(税引き後純利益)×100

1株当たりの配当金÷1株当たりの当期純利益×100

自己資本比率

自己資本(純資産)÷総資本(負債+純資産)×100

問6へ

FP2級試験(実技)個人資産相談業務2021年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001