FP2級の過去問題の解説【実技:中小事業主資産】きんざい2021年1月

本記事の内容
『2021年1月実施』FP2級実技試験【中小事業主資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】
学科試験はコチラから。
きんざい実技試験:個人資産相談業務はコチラから。
きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務コチラから。
日本FP協会実技試験はコチラ。
記事の信頼性

FP(ファイナンシャルプランナー)試験の過去問解説を1年以上継続中。

毎日勉強しているので最新の情報をお届けしています。

Twitter:@michi_fptest←解説のご質問も受付中です。

2級FP技能士michi(みち)です。

Q.1

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2021年1月実施FP2級実技試験【きんざい】中小事業主資産相談業務問1の資料

Mさんは、Aさんが現時点(2021年1月24日)で死亡した場合に妻Bさんに支給される遺族基礎年金および遺族厚生年金の年金額と、遺族年金生活者支援給付金の額(年額)を試算した。妻Bさんに支給される遺族基礎年金および遺族厚生年金の年金額と、遺族年金生活者支援給付金の額(年額)を求める下記の<計算式>の空欄①~④に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。計算にあたっては、《設例》の<Aさん夫妻に関する資料>に基づくこと。
なお、年金額および給付金の額は2020年度価額に基づくものとし、妻Bさんは給付金に係る受給要件は満たしているものとする。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

2021年1月実施FP2級実技試験【きんざい】中小事業主資産相談業務問1の資料②

①→1,231,500(円)

②→300,000(円)

③→300(月)

④→60,360(円)

①の解説

  • 1,231,500(円)

2020年度の老齢基礎年金額が781,700円です。

よって781,700円(給付額)+224,900円(子の加算1)+224,900円(子の加算2)=1,231,500円となります。

遺族基礎年金の受給要件(配偶者と子が受給権者の場合)

遺族の範囲 死亡した人に生計を維持されていた子のある配偶者、または子
給付額 老齢基礎年金と同じ金額
子の加算 2人目まで→224,900円(令和2年度)
3人目以降→75,000円(令和2年度)

老齢基礎年金額の推移

  老齢基礎年金額
2021年度(令和3年度) 780,900円
2020年度(令和2年度) 781,700円
2019年度(令和元年度) 780,100円
2018年度(平成30年度) 779,300円
2017年度(平成29年度) 779,300円
michi
michi

ノーヒントなので受験する年度の老齢基礎年金額は覚えておいた方が良いですね。


②の解説

  • 300,000(円)

遺族厚生年金は老齢厚生年金の報酬比例部分の4分の3です。

計算式は下記です。

平均標準報酬月額×乗率×月数 ×3/4

報酬比例部分は2003年3月以前と4月以降で計算式が分かれます。

よって2003年3月以前の平均標準報酬月額30万円が当てはまります。

michi
michi

計算を分ける理由は、2003年4月からボーナスに対しても保険料を徴収する『総報酬制』がスタートしたからです。


③の解説

  • 300(月)

遺族厚生年金において被保険者の加給月数が300月に満たない場合は300月として計算できます。

michi
michi

この部分は頻出なのでしっかり覚えましょう!


④の解説

  • 60,360(円)

月額5,030円×12カ月=60,360円です。

遺族年金生活者支援給付金とは

支給要件 遺族基礎年金の受給者、かつ前年の所得が4,621,000円以下である(令和2年度)
給付額 月額5,030円=年額60,360円
michi
michi

令和3年度では前年所得4,721,000円以下の遺族基礎年金受給者が対象です。給付額は同じく月額5,030円となっています。出題頻度は低いです。

問2へ

FP2級試験(実技)中小事業主資産相談業務2021年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001