FP3級【学科】2021年1月【問4】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.4

確定拠出年金の個人型年金の老齢給付金を一時金で受け取った場合、当該老齢給付金は、一時所得として所得税の課税対象となる。

②誤り

確定拠出年金を一時金で受け取った場合は退職所得となります。

確定拠出年金とは

企業型 個人型
対象者 確定拠出年金を導入している企業の従業員 20歳以上60歳未満の人
加入 原則全員 任意
掛金 原則企業が拠出 加入者が拠出
給付方法(年金) 老齢給付、障害給付
税の種類(年金) 雑所得
給付方法(一時金) 脱退一時金、死亡一時金 死亡一時金
税の種類(一時金) 退職所得

問5へ

 

2021年1月日本FP協会実技試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(学科)2021年1月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001