FP3級【日本FP協会実技】2019年9月【問12】

本記事の内容

FP3級実技試験『2019年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.12

会社員の井上太一さんが、2019年中に支払った医療費等が下記<資料>のとおりである場合、太一さんの2019年分の所得税の確定申告における医療費控除の金額として、正しいものはどれか。なお、太一さんの所得は給与所得700万円のみであり、妻および長女は太一さんと生計を一にしている。また、医療費控除の金額が最も大きくなるよう計算すること。

2019年9月実施FP3級実技試験第12問の資料

(※1)人間ドックの結果、特に重大な疾患等は発見されなかった。
(※2)保険金等により補てんされた金額はないものとする。また、自己の都合により差額ベッドを使用し、差額ベッド料を支払った。

1. 70,000円
2. 130,000円
3. 160,000円

1が適切

医療費控除の求め方

まず設問から太一さんの総所得金額は200万円以上なので

医療費控除を求める式は

 

  • 支払った医療費ー保険金などで補填された金額-10万円です。

総所得が200万円未満の場合、-10万円ではなく総所得金額等×5%ですよ。

michi

 

資料中で医療費として認められるのは入院費用のみです。

  1. 重大な病気が見つかっていない人間ドック
  2. 自己都合の差額ベッド代
  3. 健康増進のためのビタミン剤

は医療費として認められません。

 

また資料※2により補填された金額はないものとすると出ているので

170,000円ー100,000円=70,000となり

1が適切です。

問13へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072