FP3級【日本FP協会実技】2019年5月【問14】

本記事の内容

FP3級実技試験『日本FP協会2019年5月実施』の過去問の解説です。

Q.14

FPで税理士でもある桑原さんは、羽田健一さんと妻の恭子さんから贈与税の配偶者控除に関する相談を受けた。羽田さん夫婦からの相談内容に関する記録は下記<資料>のとおりである。この相談に対する桑原さんの回答の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<資料>

[相談記録]
相談日:2019年5月3日
相談者:羽田健一 様(55歳) 羽田恭子 様(50歳)
相談内容:贈与税の配偶者控除を活用して、健一様所有の居住用不動産を恭子様に贈与したいと考えている。贈与税の配偶者控除の適用要件や控除額について知りたい。

[桑原さんの回答]
「贈与税の配偶者控除の適用を受けるためには、贈与があった日において、配偶者との婚姻期間が( ア )年以上であること等の所定の要件を満たす必要があります。また、贈与税の配偶者控除の額は、最高( イ )万円です。」

1.(ア)10 (イ)2,000
2.(ア)20 (イ)2,000
3.(ア)20 (イ)2,500

2が正しい

間違えやすいポイント
  • 贈与税の配偶者控除2,000万円
  • 相続税の精算課税制度2,500万円

本設問はかなりの確率で出題されます。

選択肢も2,000万円と2,500万円が多いのでしっかり覚えてくださいね。

michi

問15へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)2019年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072