FP3級【日本FP協会実技】2020年9月【問20】

本記事の内容

FP3級実技試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.20

先に下記の資料をご覧ください。(Q16.17.18.19.20で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験第20問の資料

秀則さんの年金加入歴は下記のとおりである。仮に、秀則さんが現時点(47歳)で死亡した場合、秀則さんの死亡時点において妻の美鈴さんに支給される公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、秀則さんは、入社時(22歳)から死亡時まで厚生年金保険に加入しているものとし、遺族給付における生計維持要件は満たされているものとする。

2020年9月実施FP3級実技試験第20問の資料②

1.死亡一時金と遺族厚生年金が支給される。
2.遺族厚生年金のみが支給される。
3.遺族基礎年金と遺族厚生年金が支給される。

3が適切

資料より遺族基礎年金遺族厚生年金が支給されることが分かります。

 

本設問のポイントは下記です。

  1. 遺族基礎年金の支給要件
  2. 死亡一時金の支給要件
  3. 遺族厚生年金の支給要件

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

今回の設問では遺族基礎年金の支給要件を満たしています。

遺族基礎年金の支給要件

  • 死亡した人に生計を維持されていた子のある配偶者または子

ちなみに『子』は下記のいずれかでなければなりません。

  • 子とは18歳到達年度末日を経過していない未婚の子
  • 20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の未婚の子

 

よって資料より美鈴さんは『子のある配偶者』なので遺族基礎年金を受給できます。

 

【ポイント2】

今回の設問では死亡一時金の支給要件を満たしていません。

死亡一時金の支給要件

  • 死亡した者が第1号被保険者として保険料を納付した期間が3年以上ある
  • 死亡した被保険者が老齢基礎年金、障害基礎年金を受け取っていない
  • 遺族が遺族基礎年金を受けられない
  • 寡婦年金も受給できる場合はどちらか選択する

 

資料より

  1. 遺族基礎年金の支給要件を満たしている
  2. 国民年金の保険料を納付した期間が2年

 

よって死亡一時金を受給できないことが分かります。

 

【ポイント3】

本設問の条件で遺族厚生年金は支給されます。

遺族厚生年金の支給要件

  • 死亡したものによって生計を維持されていた配偶者または子、父母、孫、祖父母が受給できる

 

よって遺族厚生年金の受給要件を満たしています。

 

解説は以上で終了です。

FP3級【日本FP協会実技】2020年9月の過去問解説終了

問1へ戻る

 

続けて2020年9月学科試験を解きたい。

続けて2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

続けて2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072