FP3級【きんざい:保険顧客】2020年1月【問10】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。

Q.10

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2020年1月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問10.11.12の資料

所得税における青色申告制度に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

ⅰ)「青色申告をすることができる者は、( ① )、事業所得または山林所得を生ずべき業務を行う者です」
ⅱ)「事業所得を生ずべき事業を営む青色申告者は、事業所得に係る取引を正規の簿記の原則により記帳し、その記帳に基づいて作成された貸借対照表、損益計算書その他の計算明細書を確定申告書に添付して、法定申告期限内に提出すれば、事業所得の金額の計算上、青色申告特別控除として最高65万円を控除することができます。なお、確定申告書を法定申告期限後に提出した場合、青色申告特別控除額は最高( ② )万円となります」
ⅲ)「青色申告者が適用を受けられる税務上の特典として、青色申告特別控除の適用、青色事業専従者給与の必要経費算入、翌年以後( ③ )年間の純損失の繰越控除、純損失の繰戻還付などがあります」

1) ① 不動産所得 ② 10 ③ 3
2) ① 譲渡所得 ② 10 ③ 7
3) ① 不動産所得 ② 55 ③ 7

1が適切

ⅱの補足

2年連続で遅れると青色申告者の承認が取り消されます。

ⅲの補足

ちなみに7年は青色申告書の保管期間です。

紛らわしいのでシッカリ覚えましょう。

問11へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2020年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001