FP3級の過去問題の解説【実技:個人資産】きんざい2020年1月

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

学科試験はコチラ。

きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務はコチラ。

日本FP協会実技試験はコチラ。

よろしくお願いします。

michi

Q.1

解答

3択問題です。

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2020年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問1.2.3の資料

Mさんは、Aさんが65歳になるまでに受給することができる公的年金制度からの老齢給付等について説明した。Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

ⅰ)「1960年7月生まれのAさんは、原則として、( ① )歳から報酬比例部分のみの特別支給の老齢厚生年金を受給することができますが、Aさんが( ① )歳以後も引き続き厚生年金保険の被保険者としてX社に勤務し、総報酬月額相当額と基本月額との合計額が( ② )万円(2019年度の支給停止調整開始額)を超えるときは、当該年金額の一部または全部が支給停止となります」
ⅱ)「60歳以後の各月(支給対象月)に支払われる賃金額が60歳到達時の賃金月額の( ③ )%相当額を下回る場合、Aさんは、原則として、雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金を受給することができます。特別支給の老齢厚生年金は、在職老齢年金の仕組みによる支給調整に加えて、高年齢雇用継続基本給付金との間でも調整が行われます」

1) ① 64 ② 47 ③ 61
2) ① 62 ② 47 ③ 75
3) ① 64 ② 28 ③ 75

3が適切

1の補足

報酬比例部分

  1. S28年4月1日まで 60歳からもらえる
  2. S28年4月2日~30年4月1日 61歳
  3. S30年4月2日~32年4月1日 62歳
  4. S32年4月2日~34年4月1日 63歳
  5. S34年4月2日~36年4月1日 64歳
  6. S36年 4月2日以降 もらえない

※女性は5年遅れ

赤字部分を把握すれば、あとは2年ごとに1歳ずつ変わっていくのでラクです。

michi

2の補足
  • 60歳~64歳→28万円を超えるとき※年金額が調整される
  • 65歳~69歳→47万円を超えるとき※老齢基礎年金は減額されない(厚生年金のみ減額対象)
  • 70歳以上→47万円を超えるとき※年金保険料が免除される(基本は65歳~69歳と同じ)
3の補足
  • 雇用保険の被保険者期間が5年以上必要
  • 60歳~65歳まで受けられる
  • 賃金が75%未満になった場合、各月の賃金額の最大15%受給できる

問2へ

 

 

Q1 Q2 Q3 Q4 Q5
Q6 Q7 Q8 Q9 Q10
Q11 Q12 Q13 Q14 Q15

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2020年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001