FP3級【きんざい:保険顧客】2020年1月【問5】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。

Q.5

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2020年1月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問4.5.6の資料

次に、Mさんは、生命保険の加入等についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も適切なものはどれか。
1) 「生命保険を契約する際には、Aさんの傷病歴や現在の健康状態などについて、事実をありのままに正しく告知する必要があります。なお、告知受領権は生命保険募集人が有していますので、当該募集人に対して、口頭で告知してください」
2) 「提案を受けている生命保険に加入後、ライフステージの変化により、必要保障額は増減します。結婚や子の誕生といったライフイベントに合わせて、保障内容を定期的に見直すことをお勧めします」
3) 「提案を受けている生命保険は、加入後も特約の中途付加や契約転換制度を利用することで保障内容の見直しが可能です。なお、契約転換制度利用時には、告知や医師の診査等が不要のため、健康状態にかかわらず、保障内容を見直すことができます」

2が適切

1の補足

口頭ではなく告知書が必須です。

3の補足

契約転換制度を利用する際は告知や医師の審査が改めて必要です。

問6へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2020年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001