FP3級【きんざい:保険顧客】2020年1月【問3】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級実技試験【保険顧客資産相談業務】の過去問の解説です。

Q.3

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2020年1月実施FP3級実技試験保険顧客資産相談業務問1.2.3の資料

最後に、Mさんは、公的医療保険の概要について説明した。Mさんが、Aさんに対して説明した以下の文章の空欄①~③に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

「Aさんに係る医療費の一部負担金の割合は、原則( ① )割となりますが、( ② )内に、医療機関等に支払った医療費の一部負担金等の額が自己負担限度額を超えた場合、所定の手続により、自己負担限度額を超えた額が高額療養費として支給されます。
Aさんが病気やケガによる療養のために、連続して4日以上、業務に就くことができず、当該期間について事業主から報酬が支払われない場合は、所定の手続により、傷病手当金が支給されます。傷病手当金の支給期間は、その支給を始めた日から起算して( ③ )が限度となります」

1) ① 1 ② 同一月 ③ 3年
2) ① 1 ② 同一年 ③ 1年6カ月
3) ① 3 ② 同一月 ③ 1年6カ月

3が適切

傷病手当金
  • 欠勤4日目から最長1年6か月まで支給される
  • 支給額は標準報酬月額の平均÷30×3分の2

3分の2部分は他とゴチャゴチャになるので、しっかり覚えてくださいね。

michi

問4へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)保険顧客資産相談業務2020年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001