FP3級【きんざい:個人資産】2021年5月【問11】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.11

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2021年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問11の資料

甲土地の有効活用に関する以下の文章の空欄①~③に入る語句または数値の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

ⅰ)「Aさんが自己建設方式により甲土地に賃貸マンションを建築した場合、相続税の課税価格の計算上、甲土地は貸家建付地として評価されます。貸家建付地の価額は、『自用地価額×( ① )』の算式により評価されます。甲土地の借地権割合は( ② )%です」
ⅱ)「甲土地が貸付事業用宅地等に該当すれば、小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例の適用を受けることができます。貸付事業用宅地等は、( ③ )㎡までの部分について50%の減額が受けられます」

1) ① 借地権割合×賃貸割合 ② 70 ③ 400
2) ① (1-借地権割合×賃貸割合) ② 70 ③ 200
3) ① (1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合) ② 60 ③ 200

3が適切

①の補足

貸家建付地の評価方法は自用地価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)です。

宅地の評価方法

利用区分 評価方法
自用地 路線価方式か倍率方式
借地権(普通借地権) 自用地評価額×借地権割合
貸宅地(底地) 自用地評価額×(1-借地権割合)
貸家建付地 自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)
貸家建付借地権 自用地評価額×借地権割合×(1-借家権割合×賃貸割合)
②の補足

資料より借地権割合はDの60%と分かります。

路線価図の借地権割合

A 90%
B 80%
C 70%
D 60%
E 50%
F 40%
G 30%
③の補足

200㎡が適切です。

小規模宅地等の評価減の限度面積と減額割合

限度面積 減額割合
特定事業用宅地等 400㎡ 80%
貸付事業用宅地等 200㎡ 50%
特定居住用宅地等 330㎡ 80%

問12へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2021年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001