FP3級【きんざい:個人資産】2021年5月【問5】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.5

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2021年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問5の資料

Aさんが、《設例》の条件のとおり、10,000米ドルを外貨預金に預け入れ、満期時に円貨で受け取った場合における元利金の合計額として、次のうち最も適切なものはどれか。なお、計算にあたっては税金等を考慮せず、預入期間3カ月は0.25年として計算すること。

1) 1,035,150円
2) 1,045,200円
3) 1,050,600円

1が正しい

1,035,150円が適切です。

 

今回のポイントは下記です。

 

  1. 満期時の利息
  2. 適用為替レート

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

今回の条件は下記です。

 

預入金額 10,000米ドル
年率 2%
預入期間 3ヶ月(0.25年)

 

図より預入期間が3ヶ月なので、計算式は下記になります。

 

10,000米ドル×(1+0.02×0.25年)=10,050米ドル

 

※利息部分だけ計算するとこんな感じです。

1年 10,000米ドル×0.02×1年=200米ドル
3ヶ月(0.25年) 10,000米ドル×0.02×0.25年=50米ドル

 

【ポイント2】

『満期時に円貨で受け取る』とあるので、資料よりTTBの満期時の為替レートを使用します。

 

よって計算式は下記になります。

 

10,050米ドル×103=1,035,150円

問6へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2021年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001