FP3級【きんざい:個人資産】2020年9月【問11】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.11

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験個人相談業務問11の資料

建設協力金方式に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) 「建設協力金方式とは、AさんがX社から建設資金を借り受けて、X社の要望に沿った店舗を建設し、その建物をX社に賃貸する手法です。借主であるX社のノウハウを利用して計画を実行できる点はメリットですが、X社が撤退するリスクなどを考えておく必要があります」
2) 「建設協力金方式により、Aさんが店舗をX社に賃貸した後にAさんの相続が開始した場合、相続税の課税価格の計算上、店舗は貸家として評価され、甲土地は貸家建付地として評価されます」
3) 「建設協力金方式により建設した店舗の賃貸借契約は、契約の更新がありません。賃貸借契約では、借主であるX社が賃貸借契約満了後に店舗を撤去し、貸主であるAさんに甲土地を更地で返還することが保証されています」

3が不適切

建設協力金方式で建物を建てた場合、持ち主は貸主側(オーナー側)なので借主側(テナント側)が更地にする必要はありません。

建設協力金方式とは

貸主(土地オーナー)が借主(テナント企業等)から協力金を借り、建物の建築費用にあてます。

借りたお金は月々のテナント料と相殺していくかたちが一般的です。

相続税評価
土地 貸家建付地
建物 貸家

問12へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2020年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001