FP3級【きんざい:個人資産】2021年5月【問13】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.13

先に下記の資料をご覧ください。(Q13.14.15で使います)

2021年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問13の資料

Aさんの相続等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) 「遺言により妻Bさんおよび長女Cさんが相続財産の大半を取得した場合、二女Dさんの遺留分を侵害する可能性があります。仮に、遺留分を算定するための財産の価額が3億円である場合、二女Dさんの遺留分の金額は7,500万円となります」
2) 「死亡保険金を活用した代償分割の方法を考えた場合、契約者(=保険料負担者)および被保険者をAさん、死亡保険金受取人を長女Cさんとする終身保険に加入することも検討事項の1つとなります」
3) 「遺産分割をめぐる争いを防ぐ手段として、公正証書遺言の作成をお勧めします。公正証書遺言は証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がこれを筆記して作成します」

1が不適切

1の補足

不適切です。

次女Dさんの遺留分は3,750万円です。

 

遺留分の求め方は下記です。

対象者 遺留分
相続人が直系尊属のみ 法定相続分の1/3
その他 法定相続分の1/2

 

今回は表の『その他』にあたります。

 

よって次女Dさんの遺留分は法定相続分の半分なので3,750万円です。

法定相続分 遺留分
妻Bさん 1億5,000万円 7,500万円
長女Cさん 7,500万円 3,750万円
次女Dさん  7,500万円 3,750万円
2の補足

適切です。

代償分割とは

特定の相続人が現物で財産を取得して、他の共同相続人に対して債務を負担する行為。

現物分割が困難な場合に行われる手法です。

 

例えば相続財産が戸建て住宅のみの場合

  • 長女→戸建て住宅を相続
  • 次女→相続なし

 

この場合次女には遺留分を主張できる権利があります。

 

しかし現実的には戸建住宅を分割するのは不可能なので、長女は代償分割することで次女の遺留分を賄うことになります。

 

さらに遺留分を払えるお金を長女が持っているとは限らないので、あらかじめ生命保険金等の受取人を長女にすることで代償分割の原資にできるということです。

3の補足

適切です。

遺言とは

種類 自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
遺言可能条件 15歳以上、かつ意思能力がある
証人 不要 2人以上必要
検認場所 家庭裁判所 不要 家庭裁判所

問14へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2021年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001