FP3級【きんざい:個人資産】2021年5月【問4】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.4

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2021年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問4の資料

Mさんは、《設例》の米ドル建定期預金について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

1) 「 TTMとTTS(TTB)の差分は為替スプレッドと呼ばれるもので、取引金融機関による差異はありません」
2) 「 Aさんが預入時に円を米ドルに換える際に適用される為替レートは、1米ドル=102.00円になります」
3) 「 X銀行の米ドル建定期預金の場合、Aさんが満期時に受け取ることができる利息額は200米ドル(税引前)になります」

2が正しい

1の補足

不適切です。

為替スプレッドは取引金融機関ごとに違います。

2の補足

適切です。

預入時のTTSは102円です。

為替レート

TTS(対顧客電信売相場) あなたを基準にして円貨→外貨
TTB(対顧客電信買相場) あなたを基準にして外貨→円貨
TTM(仲値) 為替取引の基準相場
3の補足

不適切です。

 

資料より

年率 2.0%
預入期間 3ヶ月

 

これは『1年預けると利息が2%もらえるけど、じっさいに預ける期間は3ヶ月だよね』という意味です。

 

つまり概算で計算すると下記になります。

 

2.0%÷12ヶ月×3ヶ月分≒0.5%

10,000米ドル×0.5%≒50米ドル

 

よって少なくとも200米ドルには届かないことが分かります。

問5へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2021年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001