FP3級【きんざい:個人資産】2021年5月【問12】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.12

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2021年5月実施FP3級実技試験個人相談業務問12の資料

甲土地の有効活用に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) 「等価交換方式により、マンションを建築する手法が考えられます。Aさんとしては、自己資金を使わず、マンション住戸を取得することができます」
2) 「事業用定期借地権方式により、甲土地を一定期間賃貸する手法が考えられます。甲土地を手放さず、安定した地代収入を得ることができます」
3) 「建設協力金方式により、甲土地上に建築した店舗をテナントに貸し出す手法が考えられます。契約期間満了後、借主であるテナントが建物を撤去し、甲土地は更地で返還されます」

3が不適切

1の補足

適切です。

等価交換方式であれば自己資金を使わずにマンション住戸を取得できます。

 

等価交換方式とは

1.全部譲渡方式

デベロッパーに土地を一旦すべて売却し、建物完成後に土地価格に見合う分の土地と建物を得る方式です。

土地所有権を先渡ししてしまうので、建物完成までは権利が無くなってしまいます。

michi

 

 

2.部分譲渡方式

デベロッパーに部分的に土地を売却します。建物完成後の流れは下記です。

 

  • デベロッパー→土地の一部の所有権を得られる
  • 土地所有者→建物の一部の区分所有権を得られる

部分的に売却するので、土地所有権は建物完成前から土地所有者とデベロッパーの共有状態になります。

michi

2の補足

適切です。

事業用定期借地権は一定期間土地を貸し、期間満了後更地で返還されます。

3の補足

不適切です。

そもそも建設協力金方式において建物の所有者はAさんなので、借主が更地にする義務はありません。

問13へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2021年5月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001