FP3級【きんざい:個人資産】2020年9月【問3】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.3

先に下記の資料をご覧ください。(Q1.2.3で使います)

2020年9月実施FP3級実技試験個人相談業務問3の資料

最後に、Mさんは、老後の年金収入を増やす方法について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も不適切なものはどれか。

1) 「国民年金基金は、国民年金の第1号被保険者の老齢基礎年金に上乗せする年金を支給する任意加入の年金制度です。国民年金基金に加入した場合は、国民年金の付加保険料を納付することはできません」
2) 「Aさんは、老後の年金収入を増やすために、確定拠出年金の個人型年金に加入することができます。将来の年金額は、Aさんの指図に基づく運用実績により左右されますので、年金の受取総額が拠出した掛金の合計額を下回る可能性がある点に留意する必要があります」
3) 「中小企業退職金共済制度は、個人事業主が廃業等した場合に必要となる資金を準備しておくための共済制度です。毎月の掛金は、1,000円から70,000円の範囲内で選択することができます」

3が不適切

1の補足

設問の通り、国民年金基金に加入した場合は付加保険料を納めることはできません。どちらか片方のみです。

2の補足

設問の通り、個人型の確定拠出年金は運用実績次第で掛金の合計額を下回る可能性があります。

 

ちなみにあらかじめ額が決まっているのは確定給付企業年金です。

3の補足

不適切です。

 

中小企業退職金共済制度の掛け金は下記です。

中小企業退職金共済制度の掛金

一般従業員 5,000円~30,000円の16段階
短時間労働者 2,000円~4,000円の3段階

 

加入条件もどうぞ。

中小企業退職金共済制度の加入条件

業種 ①常用従業員数 ②資本金、出資金
一般業種(製造業、建設業等) 300人以下 3億円以下
卸売業 100人以下 1億円以下
サービス業 100人以下 5千万円以下
小売業 50人以下 5千万円以下

※①、②はいずれかの条件を満たせばOK。

ちなみに設問は小規模企業共済の内容です。

michi

問4へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2020年9月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001