FP2級【きんざい:中小事業主資産】2021年1月【問7】

本記事の内容
『2021年1月実施』FP2級実技試験【中小事業主資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.7

先に下記の資料をご覧ください。(Q7.8.9で使います)

2021年1月実施FP2級実技試験【きんざい】中小事業主資産相談業務問7の資料

X社の当期の法人税における所得金額の計算に関する次の記述①~④について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。なお、本問において、法人税申告書別表四とは、当期利益の額を基として、加算・減算による申告調整を行うことによって所得金額を計算する表(所得の金額の計算に関する明細書)である。また、所得金額の計算上、選択すべき複数の方法がある場合は、所得金額が最も低くなる方法を選択すること。

  1. 前期からの備品の繰越償却超過額である30万円を法人税申告書別表四で減算する。
  2. X社が支出した交際費等の金額1,220万円のうち、接待飲食費の額を超える220万円を法人税申告書別表四で加算する。
  3. X社がAさんに売却した土地については、時価と実際の売却額との差額分である500万円が役員給与に該当し、その全額を法人税申告書別表四で加算する。
  4. X社が支払った養老保険の保険料の額のうち、損金の額に算入することができるのはその2分の1に相当する金額であるため、200万円を法人税申告書別表四で加算する。

①→○

②→×

③→○

④→○

①の解説

  • 前期からの備品の繰越償却超過額である30万円を法人税申告書別表四で減算する。

適切です。

償却限度額が930万円の為、当期の880万円と前期の30万円を合わせても限度範囲内なので益金には不算入となります。

ちなみにもし仮に限度額を超過した場合、その分は損金不算入となります。

必須申告調整事項

益金不算入
損金不算入
  • 資産の評価益
  • 完全支配関係のある他の内国法人から受けた受贈益
  • 還付金等
  • 資産の評価損
  • 役員給与
  • 過大な使用人給与
  • 寄付金
  • 法人税額等
  • 外国子会社から受ける配当等に係る外国源泉等
  • 法人税から控除する所得税額
  • 不正行為等に係る費用等
  • 青色申告の繰越欠損金
  • 減価償却費の償却超過額
  • 引当金の繰入限度超過額
  • 準備金の積立限度超過額
  • 交際費等

②の解説

  • X社が支出した交際費等の金額1,220万円のうち、接待飲食費の額を超える220万円を法人税申告書別表四で加算する。

不適切です。

そもそも接待飲食費全額を損金算入できません。

資本金1億円以下の中小企業は交際費に関する損金算入額を『交際費等の800万円以下全額』か『交際費等の中の接待飲食費の額の50%』で選択できます。

  1. 交際費等の800万円以下全額→1,220万円-800万円=430万円
  2. 接待飲食費の額の50%→1,000万円×1/2+(1,220万円-1,000万円)=720万円

よってこの場合①を選択したほうが所得税が少なくなるため、法人税申告書別表四に加算される金額は430万円になります。

michi
michi

50%損金にできる範囲はあくまで接待飲食費だけです。交際費全般が50%になるわけではないです。

交際費の損金算入限度額

資本金 損金算入限度額
1億円以下※どちらか選択 年間交際費のうち800万円以下全額
年間交際費のうち飲食支出額の50%
1億円超 年間交際費のうち飲食支出額の50%

③の解説

  • X社がAさんに売却した土地については、時価と実際の売却額との差額分である500万円が役員給与に該当し、その全額を法人税申告書別表四で加算する。

適切です。

低額譲渡にあたるため、差額は益金の額に算入されます。

低額譲渡について

売主 個人 法人
買主 個人 法人 個人 法人
取引価格 時価の1/2以上 時価の1/2未満 時価の1/2以上 時価の1/2未満 時価未満
売主 課税関係 通常の譲渡所得の計算(ただし、時価1/2未満時は譲渡損はないとみなす) 通常の譲渡所得の計算 みなし譲渡 取引価格と時価の差額は、益金の額に算入。原則、寄付金に該当
買主 課税関係(取引可価格と時価の差額) みなし贈与 受贈益 一時所得又は給与等 受贈益
取引価格 時価

低額譲渡の場合の課税関係(外部リンク)


④の解説

  • X社が支払った養老保険の保険料の額のうち、損金の額に算入することができるのはその2分の1に相当する金額であるため、200万円を法人税申告書別表四で加算する。

適切です。

法人契約における養老保険の経理処理

  保険金受取人  
満期保険金 死亡保険金 支払い保険料
養老保険

 

契約者は法人

法人 法人 資産計上
役員・従業員 役員・従業員の遺族 損金算入
法人 役員従業員の遺族 1/2資産、1/2損金
michi
michi

FP3級でも出題されているハーフタックスプランの事ですね。

問8へ

FP2級試験(実技)中小事業主資産相談業務2021年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001