FP3級【日本FP協会実技】2021年9月【問4】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.4

下記は、一般的な公募株式投資信託(非上場)と証券取引所に上場しているETF(上場投資信託)およびJ-REIT(上場不動産投資信託)の特徴についてまとめた表である。下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

2021年9月実施FP3級実技試験第4問の資料
  1. 空欄(ア)に入る語句は、「不動産取引業者」である。
  2. 空欄(イ)に入る語句は、「基準価額」である。
  3. 空欄(ウ)に入る語句は、「証券取引所が定めた手数料率を一律に適用」である。

2が適切

1の補足

  • 空欄(ア)に入る語句は、「不動産取引業者」である。

不適切です。

J-REATは上場しているのでETFと同じく証券会社等で購入できます。


2の補足

  • 空欄(イ)に入る語句は、「基準価額」である。

適切です。

michi
michi

ちなみに基準価格は『その投資信託の総資産額÷総口数』で求められます。


3の補足

  • 空欄(ウ)に入る語句は、「証券取引所が定めた手数料率を一律に適用」である。

不適切です。

手数料は証券会社によって違います。

1株当たりの配当額÷1株当たりの当期純利益×100


おもな追加型株式投資信託

種類 内容
インデックスファンド 日経平均株価やTOPIXなどと連動
ブル型ファンド 相場が上昇すれば利益が出る
ベア型ファンド 相場が下落すれば利益が出る
ETF

 

(株価指数連動型上場投資信託)

取引所に上場している。信用取引も可

日経平均株価やTOPIXなどと連動

イメージ的には株と投資信託の中間

不動産投資信託(J-REIT)

取引所に上場している。信用取引も可

不動産に特化

配当控除の適用はなし

問5へ

FP3級試験(実技)2021年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

許可番号2101F000072