FP3級【日本FP協会実技】2020年9月【問9】

本記事の内容

FP3級実技試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.9

損害保険の用語に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
1.再調達価額とは、保険の対象と同等のものを新たに建築または購入するのに必要な金額のことである。
2.保険料率とは、契約者から支払われた保険料の総額に対する保険会社が支払った保険金の総額の割合のことである。
3.一部保険とは、保険金額が保険の対象の価額(保険価額)に満たない保険のことである。

2が不適切

1の補足

適切です。

再調達価額とは火災保険において、対象となる建物や家財を修理、再築、再構築するために必要な金額をもとにした評価額です。

2の補足

不適切です。

保険料率とは保険会社が支払った保険金の総額に対する、契約者が支払った保険料総額の割合です。

3の補足

適切です。

他にも全部保険、超過保険というものがあります。

 

種類 補償
一部保険 足りない
全部保険 丁度ピッタリ
超過保険 多すぎ

 

損害保険は利得禁止(儲けちゃダメ)の原則なので、超過分は無効になります。

michi

問10へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072